検索ストーリーを考える方法

SEO対策としての検索ストーリーを考えることの大切さ

現代はインターネットが普及している社会ですので、自分の経営する会社やお店のホームページを作ることは大きなメリットがあります。ですがせっかく作ったホームページであっても、多くの人の目に触れるようなものでなければ広告の効果も減少します。特に大切になるのが自分の会社やお店を知らないような人も、自分のホームページに誘導できるような技術です。そうした場合に頼りになるのがSEO対策です。この場合のSEOとはサーチエンジン最適化という技術のことです。この概念とインターネットで調べものをする人の考え方を知っておくことが、ホームページに人を集めるためには必要になります。

ホームページを多くの人に見てもらう方法

自分の会社のホームページに多くの人を誘導するために一番考慮しなければいけないことは、どのようにして自分の会社を誘導するのかということです。自分の会社やお店の名前を知っている人が会社のホームページを探す方法としては会社の名前をインターネットの検索エンジンで検索する方法が考えられます。ですがより多くの顧客を獲得するために自分のホームページに誘導する場合にはそれ以外のケースを考慮することが必要不可欠になります。特に重要なのが自分の会社やお店のことを全く知らないような人を誘導する方法です。

ストーリーを考える必要性

自分の経営する会社やお店の名前を知らないような人が、会社の名前などを検索してホームページを探し当てるということはまずありません。ですからそうした人たちを誘導する場合に考慮しなければいけないのは、それらの人たちの検索ストーリーです。この場合の検索ストーリーとはその人がどのような手順で自分に必要な情報をインターネットで探し当てるのかという手順のことを言います。特定のお店を探しているという場合ではなく特定の商品やサービスを探している人のストーリーを考えることが、特に重要になります。

ストーリーの一つの具体例

こうしたストーリーの一つの実例として、インターネットで病院を探そうとする人の行動パターンがあげられます。例えばインフルエンザかどうかで悩んでいる杉並区の人が病院に行こうかどうかで悩んでいるようなケースではどのような順番で検索を行うかを考えることは大きな意味があります。まずこうしたケースではインフルエンザかどうかということを調べるためにインフルエンザや初期症状といった単語で検索をすることが考えられます。そうした方法で発見したウェブサイトなどでインフルエンザかどうかがまず確認されます。

インフルエンザになった場合のケース

自分がインフルエンザだということを確認した場合には、次にその人が調べようとするのが、自分の家の近所にある病院の場所です。ですから杉並区に住んでいる人だったら、杉並区や病院といった単語を入力して調べることになります。ですがそうした場合には杉並区にある大きな病院のホームページが一番先に表示されるので、自分の家の近くの小さな病院を探しているような人は、再度検索をし直さなければいけないケースも想定されます。そうした場合には住んでいる場所のさらに細かい地名を入力して検索をすることが想定されます。

検索する人の気持ちになる

このような一連の手順で検索が行われるということを仮定して、SEO対策をすることはとても重要になります。杉並区で内科の病院を経営している人が自分のホームページに人を誘導したい場合には、杉並区や病院といった単語だけの対策をとることでは不十分になるからです。上記の例で言うとインフルエンザという単語で検索した場合でも、検索結果に自分の病院のホームページが上にくるようにしなければいけないからです。したがってそうした単語を多く発見するためには、検索する人の気持ちをより深く考慮する必要があります。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。