スマートフォン最適化(SPO)の方法とは

スマートフォンに対応させる必要性

インターネットが普及した頃、接続するために必要なのはパソコンであって、他のものは存在しなかったのです。それゆえユーザーは一部に限られていたのですが、ネットビジネスをする人間にとっては、ホームページはあくまでパソコンユーザーのことだけを考えて作れば良く楽だったのです。しかしながら昨今、ネットに接続できるものが増えてきて、特にスマートフォンの所有率が上がっていて、潜在的な購買層が増えてきています。これを逃さないようにすることが、ネットビジネスを成功させるひとつのポイントになります。

スマホユーザーを考える

近年スマートフォンの所持率が上がってきて、子どもから老人まで幅広い世帯で使用されています。各社でもそれぞれ力を入れてCMを発信していって、さらなるユーザーの獲得に力を入れています。それゆえネットビジネスを考えている人、現在行っている人にとっても、スマホユーザーは見逃すことのできない層であって、それゆえ造語ではありますがスマートフォン最適化(SPO)を考える必要が出てきて、間違いなくこれからさらに伸びていくことが考えられますので、今の内から囲い込んでおくことが必要となってくるのです。 最適化(SPO)の視点 それではスマートフォン最適化(SPO)の利点はなにかというと、それは情報収集のしやすさにあります。これまでは検索といえばパソコンがもっとも適していましたが、小型のノートパソコンでもそれなりに大きさや質量がありますし、そもそもネットにつながなければいけなく、持ち歩いて気になった時にすぐに情報収集は難しいのです。携帯電話というのも可能ですが、これは容量が小さく今一つ役に立たない、その点スマホというのは小さなパソコンと考えても良く、情報収集という目的にはとても優れた媒体になるのです。

リアルタイムに行なえること

そしてスマホの利点は手軽に持ち運びができて、何時でもどこでも情報収集をすることができるということです。しかもRSS、Twitter、mixiなどなどアプリを用いてリアルタイムで情報を簡単に収集することができ、よりスムーズに、必要な時にいつでも可能となるのです。
しかしながら問題もあって、一般のWebサイトにアクセスした時に、スマホ用に最適化されているサイトはまだまだ少なく、必要な情報が見つからないなどの不快さ感じてしまうことが多々あって、ストレスを抱えてしまうという人も多くいるはずです。

見やすさを考えること

そしてストレスを抱えたユーザーはだいたい去っていくのが常で、ここでネットビジネスをしている場合は損をしてしまいます。これは潜在的なユーザーを逃してしまうことに繋がっていて、とても勿体ないことになってしまうのです。しかも一度見辛いと思われ場合、次にアクセスしてくることはほとんどなくなってしまうので、見やすいページつくりをすることは未来に、これからに向けても大切なことになります。さらにこれからスマホユーザーが増えることが予想されていますので、今のうちに最適化しておくことが大切です。

あらゆるユーザーに対応を

ネットビジネスにおいてもっとも必要なのは顧客を増やすこと、集客数を増やすことにあるので、スマホユーザーを取り入れないのはもったいないと言えます。それゆえサイトをそれぞれに最適化することによって、リピーターを掴むこともできるのです。必要な情報が見やすく簡単に手に入る、それはサイトに対する信頼感に繋がっていくので、行うことが大事なのです。他にもスマホユーザーを取り入れる方法は多くありますので、まずは信頼できるサイトを探して参考にすること、そういったことがこの先には必要となってくるのです。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。