成約率の高いランディングページを作る5つの簡単な改善方法

多くの成功や失敗の事例をたくさん学びことで、成約率をアップ

ランディングページの成約率をいかに効率よく、短時間で、最大化させるか重要です。
コンバージョン率とは、成約率の別名です。
自分の力で、1つ1つ改善して、何度もテストしては、時間がかかりすぎるので、あまり能率的ではありません。
多くのプロのランディングページを見て、多くの成功や失敗を参考にし、たくさんやり方を学ぶのがもっとも効率的で、簡単です。
数多くのランディングページを見て、良い部分やコンバージョン率が上がった事例があれば、すぐにメモをして、何度も、確認します。
それを参考にし、多くの経験を積むことで、必ず、成約率の高いランディングページが作れます。
以下の5つの事例を意識してやれば、誰でも簡単にできます。

CTAボタンの配置とデザインの変更について

CTAは、コール・トゥ・アクションといいます。
CTAボタンとは、クリックで、購入や申し込むためのボタンです。
考えるべきポイントは、3つあります。
購入、申し込む、無料ダウンロードなどの文言、色やサイズのデザイン、配置が大切です。
CTAボタンのデザインと配置を変えるだけで、コンバージョン率を大幅に改善しています。
ページの最初にCTAボタンをつけることで、ページ目的が鮮明になり、目立つようになります。
ページの上部/中部/下部にバランス良く配置することで、どんなタイプの訪問者でも、読みやすいように工夫しています。
ランディングページ全体のデザインや統一感を保つことを大切に、最大限に、目立つ努力をします。

CTAの文言とバリエーションの変更について

CTAボタンの文言を変更すれば、必ず、コンバージョン率が改善します。
CTAボタンの文言を「無料お試し」に変更したり、その隣に「今すぐ購入」ボタンを設置します。
それにより、コンバージョン率、クリック率、購入ページへの流入数が大幅にアップしています。
ソフトウェア販売では、最初に、無料のデモを試すのが大切です。
ほとんどの訪問者は、実際に商品を購入する前に、じっくりと試してみたいものです。
簡単に言うと、ランディングページは、いきなり、売り込みをせずに、最初に、お客様に商品の良さを試してもらうスタイルが大切です。

ページトップのコピー変更について

ランディングページは、コピーライティングの文言を改善するだけで、簡単に、コンバージョン率をアップできます。
ページトップの文字の大きさや形、色などのデザインのコピー変更だけでも、大きくコンバージョン率アップします。
「重要なメール」を「緊急の重要なメール」という文章を変更するだけでも、訪問者に、注目されやすくなります。
訪問者が一番最初に目にするは、キャッチコピーです。
キャッチコピーの後の数行は、ランディングページ全体のコンバージョン率を大きく左右します。
何度もテストを繰り返して、自分のベストなランディングページを作ります。” 不要な要素を排除して、コンバージョン率アップについて “必要のない要素を削除することは、コンバージョン率アップするランディングページの鉄則です。
サイトの会員を集めるためのランディングページにとって、不要なナビゲーションメニューを外すことは大切です。
それにより、すっきりとしたデザインになり、訪問者に分かりやすい簡単なランディングページになります。
色んな要素を追加する前に、見づらいものや分かりにくいものは追加しないように気を付けます。
コンバージョン率のアップのために、分かりやすくて、見やすいランディングページのデザインや作成をします。
プロから学んだり、いろいろテストしてみて、コンバージョン率にポジティブな変化を実感することが大切です。

価格の見せ方を改善して、コンバージョン率アップについて

ランディングページで、訪問者に価格を見せなければ、コンバージョン率を大きく下がってしまいます。
価格の見せ方を改善するだけで、コンバージョン率をアップできます。
価格の表示に、紫、オレンジ、水色、緑などのカラフルなカラーバリエーションの追加することで、綺麗に目立ちます。
ボリュームゾーンの商品を、色を濃くして、目立つようにする。
コール・トゥ・アクションのボタンを大きくして、緑色にする。
まとめると、価格や申し込みボタンがどこにあるのかしっかりと目立つことが大切です。
訪問者に、分かりやすいインパクトのある動画を追加することで、コンバージョン率がアップします。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。