成果保証で売れるランディングページデザインのポイント

完璧なランディングページを作るには

技術の向上に伴って、ランディングページデザインは進化を遂げていきます。それと同時に、高い成果が得られるレイアウトもどんどん変化している状態です。
この仕組みはどこにでも当てはまることから、どのランディングページも似通ったデザインやレイアウトになるという特徴があります。
ルールに従えば、予め高い成果が保証されるランディングページを作れるという訳です。一からデザインやレイアウトを考える必要なく、売れることが保証されているページが完成するのですから、そのポイントを頭に入れておくことが大切です。

キャッチコピーとサブキャッチコピーは簡潔に

見る人の注目を集めることになるキャッチコピーは、魅力的な言葉にする必要がある大切な部分です。一貫性を持たせることで、成果が高まることがよくあります。
サブキャッチコピーはキャッチコピーに連動するような内容にしましょう。訪問者が続きを読みたくなるような内容であると、よいサブキャッチコピーといえます。キャッチコピーとサブキャッチコピーは複雑なものより、簡潔に誰もが理解できる明瞭な言葉を選びましょう。複雑なものでは読む人によって、理解がし辛くなってしまいます。
このルールを守れば、成果が保証されたようなものです。

書き出し文への配慮と信頼性を高めるために利用したいもの

文章のチェックを怠ってはいけません。どれほど優れた文章を書いたとしても、誤字や脱字が多いと、訪問者のランディングページへの印象が大きく低下するとされています。誤字脱字がないということは、信頼を高めることができます。
利用者のコメントや品質保証のマーク、受賞の経歴などを載せておくと、信頼してもらえるランディングページが作れます。決済方法の証明も重要なポイントです。SSL証明書を導入すると、これから注文をしようとする訪問者が安心して手続きを行うことができます。これらを導入すれば、コンバージョン上昇が狙えます。

誘導する言葉やクリックボタンの配置、リンクの数

訪問者に文章を読ませたら、次に進めるために誘導することが大切です。この際も、複雑な文章にするのではなく、分かりやすい言葉などで先に進めてあげましょう。日本人相手なら、英語よりも日本語で伝えた方が理解が得られやすいでしょう。
クリックボタンは目立たせるようにします。オレンジや黄色は目につきやすい色です。ボタンのサイズもできるだけ大きくすると、訪問者が気づいてくれます。ボタンの文字も簡潔にしましょう。
リンクの配置は他のページに気持ちをそらしてしまう恐れがあることから、複数配置するのは好ましくありません。

画像や動画の効果とページのサイズに注意

文章だけのランディングページは、訪問者を退屈させてしまう可能性があります。そこで、商品の外観がすぐに分かる画像を掲載したり、商品の使い方や特徴を知らせる、動画を設置すると、商品に対するイメージが掴みやすくなります。
ページのサイズも意外と重要な部分です。横に大きなページであれば、スクロールする手間を与えてしまいます。横幅はなるべくスクロールをなくし、縦方向についても、適度なスクロールで全てを閲覧できるような工夫が必要です。スクロールした先のクリックボタンも、スルーされないような部分に配置してください。

あまり複雑化させないことが重要

ランディングページを作成する際には、つい自分の考えている方法を詰め込みがちになり、複雑なページが出来上がるケースが目立ちます。
ですが、ランディングページは分かりやすさが第一ですので、複雑なものではなく、すぐに訪問者が内容を理解できる、シンプルなデザインとレイアウトにすることを、心がけて作りましょう。
色の使い方も印象を変えますので、上手く利用してみてください。
これらのデザインやレイアウトのポイントは、あくまでも基本的なものです。成果が上手くでるようになったら、他の方法を試してみてもよいでしょう。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。