ネット市場と共に生まれたWebマーケティングとは!?

Webマーケティングとは何か

今では、Webベースのネット通販は当たり前のものとして定着していますが、このネット通販業者には日本国内だけで展開しているものもあれば、全世界的な規模で展開しているものもあります。
全世界的な規模で展開している最大手のネット通販ともなれば、その市場規模は全世界に及んでいるために、その売上総額は莫大な額に昇ります。
このように、今やビジネスの世界も、Webベースのネット通販というものを抜きにしては成り立たないもの、となっているのです。
こうして、Web上にネット市場という巨大市場が誕生したことで、Webマーケティングという新たなマーケティング手法が登場したのです。

Webベースのネット通販

ネット通販とは、すなわちWebベースのネット通販のことを指します。
ネット通販は、インターネットのWeb上にネットショップを設けて、そこに取り扱っている商品を並べておき、そのショップサイトを訪れた人が商品を選んで、購入したいものがあればその商品をクリックして注文を出し、自分の指定する場所まで送届けてもらう、という形で商品の販売が行われるというものです。
このために店舗を全く必要とせず、お客はどこに住んでいても商品の購入ができるために、今ではすっかり定着したものとなっているのです。

マーケティングの主軸はWebマーケティングへ

Webベースのネット通販というものが世界的に定着してきたことで、今やビジネスの主戦場は、店舗を構えての販売から店舗を必要としないネット通販へと、大きくシフトしてきました。

Webベースのネット通販には地域という制約が一切なく、また、店舗のように営業時間の制約もないことから、店頭販売ベースであった従来の市場とは、そのあり方も規模も全く異なる市場というものが誕生したのです。

このために、マーケティングも従来の店頭販売をベースとしたものから、ネットベースのWebマーケティングへと、その主軸が移ることになってきたのです。

Webマーケティングの誕生

地域の制約も時間の制約も一切受けないネット通販というものが定着してきたことで、ビジネスのあり方は大きく変わってきました。

このために、市場のあり方というもの自体が、従来の店頭対面販売というものからWebサイトからの注文による販売、というものに変わったことで、ネット上のバーチャル市場という新たな市場形態へと変遷を遂げたのです。

これに伴って、マーケティングの手法もまた、ネット市場をベースにしたマーケティングの手法が必須となって、Webマーケティングというものが生まれることになったのです。

Webサイトに氾濫するバナー広告

Webベースのネット通販というものが当たり前のものとなってくれば、そこには当然に競争というものが生まれて来ることになります。

このために、インターネットは今や全世界規模の巨大な市場と化しており、そこでは日夜、熾烈な競争が展開されている場となっているのです。

こうして、ネット市場でいかにして売上を伸ばすか、という熾烈な競争があの手この手で繰り広げられることになって、今では様々Web上のネットサイトには、販売促進、売上上昇を図るためのバナー広告が氾濫している、という様相を呈するようになっているわけなのです。

新たなネットビジネスを生み出したアフィリエイト

このネット市場が生み出した新たなビジネスともなっているものが、アフィリエイトです。

アフィリエイトとは、ネットショップ業者が多くのWebサイトにネット販売商品のバナー広告を出してもらい、それをクリックしてもらうだけで、ネットショップへの集客と販売につながる、というもので、Webマーケティングであると同時に販売促進の手段でもある、というものです。

アフィリエイトは、この広告掲載の協力者であるアフィリエイターへの成功報酬提供という形で、アフィリエイタービジネスという新たなネットビジネスをも生み出すものとなったのです。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。