具体的なWebマーケティングでホームページに成果をもたらしましょう

インターネットの時代に重要なWebマーケティング

インターネットの普及に伴い、マーケティングの方法がここ数年大きく変わって来ました。テレビや雑誌、新聞等アナログ媒体へのマーケティングよりもWebをより重視したプロモーションやマーケティングに注力する企業が増えて来ましたので、自社のサービスや商品、そして個人の発信ツール等は是非Web上のホームページで成果が上げられる様にしましょう。消費者やユーザーの多くがインターネットに費やす時間が増え、その分より消費者の目に触れる事が出来る方法ですので、まだ強化が出来ていない人には特に必見です。

そもそもWebマーケティングとは

言葉として耳にする機会は多いかもしれませんが、そもそもWebマーケティングとは一体どういった手法なのでしょうか。例えば自社でホームページを展開している会社や個人でホームページやブログを展開している人にとっては、いかにして多くのユーザーに検索をしてもらい、目に触れてもらう事が重要かは理解している事と思いますが、そのユーザーの閲覧数、いわゆるアクセス数の増加を増やす事を目的としているのがWebマーケティングと言えるでしょう。しかしただアクセス数を伸ばせば良いという訳ではないのがWebマーケティングの特徴とも言えます。

特定のユーザーにアクセスしてもらう方法

アクセス数をただ増やす事だけが目的では無いとすると、具体的にどういったユーザーにアクセスをしてもらう事が最も効果的なのでしょうか。それは各ホームページがターゲットとするユーザーによって大きく異なります。例えば、性別や年齢、住まいや目的等それぞれユーザーが持つ特性に併せて、その特性に会ったユーザーのアクセス数を伸ばす事が、効果的と言えるでしょう。そうする事でよりそのホームページを見たいと思われるユーザーを集める事ができ、商品やサービスの購入等の次のアクションへと繋げる事が出来るでしょう。

適したユーザーを集める方法とは

しかし具体的なユーザーを集める方法とは一体どの様に展開すれば良いのでしょうか。ここで紹介するのはWebマーケティングに特化した施策を展開しているインターネット上のサービスがあります。ここでは、数多くのホームページやインターネット上の分析を行う事ができ、ユーザー特性の分析やサイト内での行動を詳細に分析する事が出来ます。そうする事でアクセスしてくれるユーザーが目的としているユーザーなのか、もしくはそもそもターゲットが異なっているのかという点を理解する事が出来ます。インターネットの世界でも顧客やユーザーの特性を分析する事は非常に重要と言えるでしょう。

具体的なWebマーケティング手法とは

ではユーザーの分析には具体的にどういった分析が必要なのでしょうか。インターネットの世界ではSEOと呼ばれる分析が長年主流となっています。インターネット上で単語を使って検索される際に、検索結果に表示される順位をいかに上昇させるのか、もしくはいかに適した単語で検索された時に上位に表示されるのか、といった手法になります。インターネットの検索結果の上位になるかどうかはこのSEOによって大きく変わって来ます。そのため、ホームページを持つ人の多くはこのSEOを実施し、アクセスやユーザーの分析を行い、より適したホームページへと改良しているのです。

インターネットサイトの分析ツールとは

そんなSEOには分析ツールが必ず必要です。アクセス数の分析から、どの単語で検索されたのか、どのポータルサイトから検索されたのか、どのリンクから来たのか、等分析する内容は多種多様になりますが、このサイトではそういった分析ツールを利用する事が出来ます。自身のサイトを登録するだけで、各種分析ツールを活用出来ますので、分析した結果を元にさらにサイトを最適化し、再度分析し最適化をする。この流れを続けていく事で、より目的としているユーザーを集める事ができ、彼等が期待するサイトへと改善されていく事でしょう。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。