近年注目のWebマーケティングに必要なホームページ成長戦略の基本的な戦略であるAARRRモデル

Webマーケティングに必要な分析フレームワーク

Webマーケティングでは365日24時間インターネット上でユーザーがホームページを閲覧し、アクセスしているため、日々のマーケティングから分析を行う事が基本である。しかし何から始めればいいのか分からず、ただただ分析をしている人も多いのはないでしょうか。そんな人へお勧めなのが、フレームワークを活用した考え方です。このフレームワークを活用する事で、分析やアクションすべき事がより明確になり、一連の流れでマーケティングを行う事が出来ます。世界には数多くのフレームワークがありますが、ここではWebマーケティングに絞ってお話しいたします。

そもそもフレームワークって何

Webマーケティングを行う際に非常に重要なのが、フレームワークを活用した手法です。インターネットの世界に限らず、ビジネスの世界では非常に重宝されており、世界には数多くのフレームワークが存在します。それぞれのビジネスに合った手法を活用すれば良いのですが、ここではホームページ成長戦略から顧客行動に至るまでネットの世界で重要とされるフレームワークの活用をお勧めします。すでに分析する事が決まっている分、フレームワークに沿って勧めていくだけで構いません。非常に簡単なツールとして活用出来るでしょう。

Webマーケティングにあったフレームワークとは

今回はWebマーケティングに適したフレームワークをご紹介致します。もちろん定番で活用される事が多い、3C分析やSWOT分析等も基本のツールとして活用して頂ければ構いませんが。ここではホームページやサイトへ来てくれるユーザーの顧客行動に絞った分析方法をご紹介致します。顧客行動の特徴を知り、サイト保有者がユーザーを誘導出来れば目的に沿った結果を得る事が出来る様になるでしょう。そのためのツールとしてフレームワークがありますので、まずは現状のサイトのユーザー特性やタイプを分析する所からスタートです。

AARRRモデルの活用

AARRRモデルとは顧客行動の分解モデルと呼ばれ、インターネットの世界では非常に注目を集めているフレームワークとなります。5つの頭文字は誘導、活性化、継続、紹介、収益と別れており、ユーザーをサイトへ誘導し最終的には収益へ繋げて行こうとする事を目的としています。インターネットの世界の特徴として、4つ目の紹介が上げられます。SNSやブログを通じてサービスや商品を拡散してくれる事もビジネスとしては非常に重要な部分を占める様になり、マーケティングの手法としも非常に大きな意味をなす様になりました。

AARRRモデルの活用方法とは

まずは誘導からスタートしますが、この誘導はいかにアクセス数を増やして行くのかを検討します。そしてその次に活性化ですが、せっかくサイトへ来てくれたユーザーをいかにサイトへ滞在してもらう時間を長くするのか、いかにして楽しんでもらうかを考える事になります。楽しんでもらえた時こそ、ユーザーは継続してそのサイトを訪問する事になるでしょう。そして満足すれば友人や知人へ紹介し、最終的にはサービスや商品の購入に至るという一連のユーザーの理想の動きを表現しています。それぞれ目的にあった戦略を考える事で5つの項目を満たす事が出来るでしょう。

ホームページ成長戦略を使ってサイトを最適化

ここで紹介をしたフレームワークを使う事で、ホームページ成長戦略を描く事が出来るでしょう。何もフレームがなければなかなか一から自分で考えるのは時間がかかってしまいます。そういった時に、この様なフレームワークがある事でより効率的に、そして効果的に戦略を描く事が出来ますので、是非一度活用してみましょう。そうする事で自身が持つサイトやインターネットページで目的とする最終的な購入やサービスの活用等を達成する事が出来るでしょう。Webマーケティングは一度行うだけではなく、継続的に行う必要がありますので、分析や方向修正を行うつつ継続していく事をお勧めします。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。