Webマーケティングはコンセプトコピーの重要性と具体的イメージ が大切になります

Webマーケティングはイメージをもって行うこと

WebマーケティングとはWebサイトやWeb技術を応用したマーケティング手法になりますが、これはそれぞれの企業によって求めるコンセプトによって違いが出てくるので、どれか一つがいいという決めつけはできません。しかしながらすべてに通じているのはインターネット上であってもビジネスの本質が根底にあって、基本的な戦略や具体的イメージ、コンセプトコピーなどが重要性を持ってきます。それゆえ最初にイメージを作り上げておくことによって、どういった方針で行うのかが分かるので、具体性を持つ必要があります。

基本は情報収集と発信になります

Webマーケティングにおいて基本となるのは市場分析とポジションであり、3C分析を行うのがよく、これは自社、競合、顧客を表すもので、それぞれをリサーチして戦略を考えていくことになります。そして必要なものを見つけることがあって、どれだけいい商品、サービスを提供していても、客がそれを知ってくれなければ売れることは決してないので、まずは集客することが必要なのです。そのためのWebマーケティングであり、情報収集はすべての基本になってきて、これが正しく働かないと意味がなくなってしまうのです。

ブランディング構築をすること

そして売り手にとって必要なのはブランディング構築、ブランド化というものになります。ブランドとは信用や信頼といったものに繋がってきて、商品に付加価値を加えるのです。同じ商品、値段であっても誰もが知っているブランドのものと、全く知らないノーブランドのものなら、誰だって前者を選ぶのが普通のことです。それゆえブランディング構築することで、商品に付加価値を加え、受容性が高まっていくのです。それによって価格を引き上げることも可能になってきて、同じ集客数であっても売り上げは増えていくのです。

客の求めているものを提供する

そして商品やサービスを売るということは、要約すれば客が求めているからということになり、需要が多く望まれる品を提供することによって売り上げが伸びるのは当然のことになります。もっともそれが分からないからこそ商売は難しく、そのために必要となってくるのがWebマーケティングです。情報というのはただ収集すればいいというものではなく、それらを分析して、必要なものを提供することが重要なのです。これによって多くの客の求めに応じることができるようになりますので、売り上げも向上していくというわけです。

売上の基本構成を知ること

売り上げを良くするとは、簡単に言えば商品を売ることに繋がりますが、その商品にも原価、元手がかかっていますし、Webマーケティングなどもコストはかかります。それゆえ純粋な利益をあげるためには、すべてのコストも考え、なるべく少ない金銭で最大限の効果が出るようにすることが求められます。莫大な費用を投じて宣伝活動をすれば効果は絶大ですが、それでは売り上げが伸びても、諸費用でマイナスとなってしまい意味がなくなってしまいます。Webの場合は方法によっては金銭をかけず集客が望めますので、まずは基本をおさえることが大切です。

集客数を上げるためには

それでは集客数を上げるために必要なものは何かというと、検索エンジンなどに多く登録して知ってもらうきっかけを増やす、さらにはコンセプトコピーを分かりやすいものにすることが重要です。特にコンセプトコピーは人がホームページに訪れて最初に目にするものであって、インパクトを与えると同時に分かりやすいものであることが求められますので、これを改善するとリピーターも付きやすくなるのです。
最終的には集客だけではなくリピーターを作ること、これが結局のところ売り上げ向上にもっとも効果的なものとなるのです。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。