Webマーケティングによる売上アップのための基本公式とは!?

ホームページを売上アップにつなげるには

現在、ほとんどの企業はホームページを開設していますが、それが本当に売上アップにつながっているかどうかは疑問です。単にホームページを持っているだけでは、Webマーケティングとは言えません。ここではWebサイトを売上に貢献させるために、どんな戦略を採ればよいかを考察します。次にホームページの主なターゲットとなるユーザー、すなわちペルソナを設定するための方策を立てます。さらにWebサイトのフレームワーク構築を学ぶとともに、サイトの長所を活かし短所をカバーする方法についても習得します。

Webマーケティングの意味を考える

人口減少社会に入った日本ですが、逆にインターネット人口は増加の一途をたどっています。個人向けや企業間のインターネット市場も、年々拡大を続けています。特に近年ではソーシャルメディアの普及に伴い、インターネットを介した企業と顧客のコミュニケーションが緊密化しています。このような社会で商品の魅力を顧客に伝え、ビジネスチャンスを広げ売上を伸ばすには、Webマーケティングが不可欠となります。インターネットを利用したビジネスで成功している企業は、いずれにも共通した基本公式を実践しています。

戦略的思考と3C分析

インターネットは企業規模にかかわりなく開かれていますが、利用するには長期的な視野を持ち、企業が置かれた環境に適応する必要があります。こうした戦略的思考の例として、イノベーター理論やコトラーのマーケティング戦略があります。またWebマーケティングの基礎知識として、市場分析に用いられる3C分析があります。これによって顧客が何を求めているかを知ることは重要です。顧客の要求がはっきりしたら、あくまで顧客の目線で商品やサービスを提供します。Webマーケティングの手法として、コンセプトシートなどがあります。

ブランディングと信頼感の構築

Web上で顧客との関係を作る第一歩は検索結果です。この分析により、ホームページをどのように運営していくかについて方針を決定します。ただし顧客との関係はネット上に留まりません。上手なブランディングは、同じ集客数でも売上アップを実現する鍵になります。顧客が購入しているのは単なる商品ではなく、ベネフィットすなわち利益であるという考え方は重要です。それが信頼感の構築につながります。ところで売上の基本公式は、客単価×契約数となります。売上アップのためには、まずこの公式を徹底的に理解します。

セールスフローを考える

ただ漫然と運営しているだけでは、ホームページは売上アップの効果を発揮しません。ユーザーから見て使いやすいホームページにするための、具体的な改善方法について考察します。売上アップの大目標を設定したら、小さな目標を積み重ねて大目標へ近づけていく方策が必要です。そのための指標となるKPIやKGIについて学ぶことは重要です。顧客と企業は継続的な取引を通じて、少しずつ信頼関係を深めていきます。そこで大切になるのがセールスフローの考え方です。安定した関係を築き上げるために、セールスフローの取り組みについても習得します。

ロングテール戦略とAARRRモデル

Webマーケティング独特の戦略として有名なのがロングテール戦略です。実際の成功事例から、この戦略の長所やポイントについて理解を深めます。またインターネットを利用した会員ビジネスの世界では、AARRRモデルと呼ばれる戦略思考が注目を集めています。かつてロイヤルカスタマー戦略と呼ばれたこの戦略は、現在でも最新ツールを用いて応用されています。コンセプトコピーはホームページの内容を一瞬で顧客に理解してもらい、ベネフィットを的確に伝える上で重要です。このコンセプトコピーの構築法についても考察します。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。