Webマーケティングに関する売上げ基本構成要素とは!?

Webマーケティングとは

Webマーケティングは顧客との関係づくりを意味していて、もともとは対面してコミュニケーションを取ることが一般的だった従来のやり方が、現在はインターネット上で行われるようになってきています。基本的に考え方はビジネスである以上、対面式もそうでないものも根本的には同じなため、インターネット上だからと新たに考え方を変化させたり、まったく別の方向へ持っていくというわけではなく、あくまでビジネスであるために、その根本を理解した上でマーケティングということを意識した方が得策だと思われます。

基本構成要素となる市場分析

Webマーケティングを実行する上でまずは気を付けたいことは、その置かれた環境に適応し、長期的に見てしっかりしたビジョンを描いたうえで前進することです。そのためにも自社と顧客と競合をそれぞれリサーチし、それらに対応した戦略を練るように心がけましょう。また戦略的思考の重要性とコトラーのマーケティング戦略、イノベーター理論については、定番とも呼べる戦略的思考とも言われています。これらは市場分析につながることなので、ぜひともWebマーケティングを進行させるためには理解しておきましょう。

売上を伸ばすための方法

ビジネスはどんなものでも顧客のことを考え、顧客の望むものを提供するという方式には、基本的に変化することはありません。そのために売上を上げたいならば、まずはユーザー目線で商品およびサービスを考え、コンセプトシートや検索結果、アクセスログや競合調査などのWebマーケティングの手法を駆使しましょう。そうして最初は予算をかけてでも最低限の顧客と集客効果を獲得するように心がけ、ホームページのデザインや見やすさ、構成を工夫することで接客に努めましょう。もちろんその後のアフターフォローなどのサービスも忘れてはいけません。これらが揃わなければ、売上を伸ばすことは難しいでしょう。

目標達成と継続をするために

売上アップは誰しもが望むことですし、ビジネスを実行する上で、目標となります。しかしその目標を達成したまでは良いのですが、それからそのまま下降してしまっては意味がありません。そのためにはまずは目標達成をめざし、それが叶ったならば、それを継続させるための努力も必要となっています。目標を達成するまではつねに気を付けてビジネスの舵取りをしていたのに、達成したらそのままとなれば、途端に大嵐に飲まれてしまい、水の泡となってしまいかねません。よってビジネスの舵取りはつねに行いつつ、時代の流れや顧客の変化などを敏感に察し、軌道修正などをする必要も出てきます。

さまざまな効果と戦略の種類

マーケティングを考える上で戦略はもちろんこと、いろいろな効果も心理行動に影響して有効だと言われています。戦略に関してはロングテールなどが有名で、SEOなどもよく話題にあがります。効果に関してはピグマリオンやバンドワゴン、カリギュラやハロー、カクテルパーティーやウィンザーなどがあります。これらはどれも心理的に効果があるとされているマーケティング方法ですが、これらのすべてを実行すればマーケティングに効果的というわけではなく、あくまでこういった効果や戦略もあるという参考程度にしておきましょう。

マーケティングのためのまとめ

Webマーケティングの売上をアップさせるためには、実にいろいろな方法や戦略、テクニックや効果などがあります。しかしそれらすべてを実行することは実質的に不可能ですし、実行してしまえばビジネスの基本構成要素も崩れてしまいかねません。詰め込みすぎても返って逆効果になることもあるので、あくまで顧客のことを考え、どのような方法が良いのか判断し、こういったものを利用するならばせいぜい2、3個程度で十分です。なによりも必要なのは顧客の気持ちを察して、顧客がどうすれば喜んでくれるかを一番に考えることが、やはりビジネスの基本と言えるでしょう。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。