EFOを学んで売上アップのテクニックを身につける

フォーム・カートの通過率を改善するEFOについて学ぶ

売り上げに直結するフォームやカートの改善方法を学び、売上アップを目指します。
そのためには具体的な事例を元にどうやって改善するのがいいのか知ることが必要です。
ホームページを運営していて売り上げが増えないという課題をもつ人は少なくありません。
そんな焦りから商品の金額を変更してみたり、集客にテコ入れをしてみたりと手当たり次第に対応してしまうことが多いです。
しかし本質的なところにこそ改善の余地があり、成果を上げることに有効とされているEFO(エントリーフォーム改善)を知ることができます。

EFOをはじめるときの心構えとポイント

ホームページの売り上げに最も直結する改善というのがEFOです。
特にEFOは集客やホームページ全体の改善をしたい時にかかる労力や予算と比べても実践しやすいというメリットがあります。
それならすぐにやってみよう!と思い立っても、何から手をつけていいのか分からないし、もっと手軽に実践したいと感じている方もいるでしょう。
そんな方のために、EFOをすすめていくためのポイントを紹介します。
重要ポイントの一つは入力項目の調整です。これは実践のための労力が少なく、効果を実感しやすいので一番はじめに改善するポイントとしておススメです。

入力フォームのエラーをフォローする方法

ネットショップでお買い物をする時や、何かの資料請求をしたい時に、自分の住所や名前、備考欄などといった入力フォームが出てきます。
そこでエラーが表示されたことはないでしょうか?
せっかく時間をかけて入力していても、この時に流れが止まってしまいます。
なのでよし決めた!と勢いづいていた人にとっては不快に感じることも少なくありません。
こんなことが原因で入力フォームを諦められてしまうのは非常にもったいないですよね。
本記事では、そういったことを未然に防ぐためのフォロー方法をご紹介していきます。

ボタンの最適化と売上アップのテクニック

EFOにおいて、ボタンの押しやすさはとても重要です。
ボタンの色や大きさについてもそうですが、その文言も大きく影響するのです。
基本的にはユーザーにどうしてほしいのか動詞で書くことが必要です。
押しやすさについて具体的に考えていきましょう。
EFOはたんにフォームを使いやすくするためだけではなくそこからより高額購入を入れられるような工夫を沢山入れることができます。
実際に購入や成果の直前や直後のことなので、そもそもユーザーはかなり絞られているのです。
ということは、このチャンスを逃す手はありませんよね。

スマートフォンEFOの最適化ポイント

今や小学生からおじいちゃんおばあちゃんに至るまで、幅広い年齢層の人たちがもつスマートフォン。
ますます需要が増えてきています。
大きめのタブレットやパソコンに比べて常に持ち歩いているため、スマートフォンからの利用は多くなります。
しかしスマートフォンだとどうしても画面に大きさの限りがあるので、見にくく操作がしずらいという特徴があります。
そこで入力フォームを大きくしたり、ページを分割するなどの工夫が必要になります。
また、トグルボタンやドラムなどスマートフォンならではのインターフェースを使うといいでしょう。

ショッピングカートの最適化、フォームからの離脱対策

ネットショップでは特にフォームが重要になってきます。
ユーザーにとって快適にフォームに入力してもらうためには、自動化がかかせません。
自動化の定番ツールとして広く普及しているのがサジェスト機能です。
自動で候補を入力してくれるので大変便利な機能です。
フォーム最適化を目指しつつも、どうしても離脱をゼロにすることはなかなか難しいことですよね。
だからといってみすみす離脱を見逃してしまっていませんか?
そんな離脱対策にも、一工夫加えることによって再訪を期待することもできるのです。
小さな工夫が大きな集客につながることもありますよ。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。