具体的事例に見るWebマーケティングのためのセールスフロー理解と重要性

Webマーケティング上のセールス方法

リアルな店舗や販売員やセールスマンによるセールスはイメージがしやすく、お客様によって対応を変える事は当たり前であり、基本的な手法です。しかしインターネット上ではイメージする事が難しい分、セールスの手法はあまり大きく取り上げられる事はありませんでした。しかしここまでインターネットの世界が主流になって来ましたので、セールス手法を顧客によって変えるべきだという考え方に注目が集まっています。そんなセールスフロー理解し、具体的事例を見る事で是非一度皆さんのサイトと併せて考えてみてみましょう。

そもそもセールスフローとは

セールスをする上で、実際の販売が店舗で行われている場面をイメージしてみましょう。洋服を買いにいった際、新規のお客様にはまずブランドや店舗の事を知ってもらう事から始めるでしょう。しかし何度も足を運んでくれている、いわゆる常連のお客様には新商品の紹介を始める事が多いはずです。顧客様に対して、また一からブランドや店舗の説明をする人はまず以内でしょう。この様に顧客やユーザーによって、訴えるべき内容が大きくことなり、相手に合ったアプローチをしなければ相手は満足せず、欲しい情報が手に入れられない事になります。

インターネットの世界でのセールスフロー理解

インターネットの世界でのセールスフロー理解は非常に重要な要因となります。ユーザーが新規の人であれば丁寧にホームページの説明が必要かもしれません。何度も活用してくれているユーザーには新たなサービスや商品の説明や、会員限定のプロモーションのアナウンスが必要でしょう。この様にインターネットの世界でのユーザーに合わせたアプローチが重要であると考えられる様になりました。しかし具体的にどの様な施策をとれば良いのか分かりにくいのが、インターネットの世界。ここではいくつか具体例を紹介し理解して行きましょう。

Webマーケティングで使われる別ページの誘導

インターネットの世界で多く使われているのが、ユーザー毎に合ったページを別で作成する手法です。Webマーケティングの手法として、一般化していますが、まずは新規のユーザーに対しては多くの情報を伝え、新規ユーザーのためだけにサイトのページを準備する方法です。他のリンクから流入してくれる事も多いインターネットの世界では、ランディングページと呼ばれる事も多く、まずはサービスは商品に関してより知ってもらう事を目的としています。もし興味を持ったユーザーがいれば購入ページへ繋げる事が出来る点もWebマーケティング手法の一つです。

常連のお客様へのセールス方法とは

新規顧客へは別ページを作成する事で内容をよりよく知ってもらう事が出来ますが、継続的に購入してくれているユーザーへは会員限定のフェアやイベントを行う事でよりアクティブにする事が可能です。例えば期間を限定し、お得なフェアやイベントの告知を個別に行い、継続的に購入してくれているユーザーにのみ展開する事も一つの方法でしょう。そして継続的顧客はすでにそのサイトやサービス、商品の事は知っている事が多いので、新しい商品やサービスが出た際は積極的に案内をしてみましょう。そうする事で再度購入等のアクションを促す事が出来るでしょう。

セールスフロー理解の重要性

ここまで新規のユーザーから継続的なユーザーへのセールスフローを簡単にご説明いたしました。インターネットの世界でもリアルの世界でも基本的な考え方は同じであり、ユーザーへのアプローチが大きく変わる事がありません。ただ手法が異なり、アプローチの方法が変わるだけですので、どの顧客も逃す事無く、自社のサイトへ呼びこみ継続的な関係性を築ける事が最も重要ではないでしょうか。これほどまでにインターネットの世界には数多くのサイトがありますので、自身のサイトを継続的に利用してもらう事は簡単ではありませんが、将来性を考えWebマーケティングを実施して行く事をお勧めします。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。