売るためのランディングページ制作に必要な 4つのこだわり

インターネット上では、綺麗なデザインのランディングページを制作して説明するだけでは商品は売れません。

ユーザーの心理状態を意識し、それに合わせた情報でコンテンツを作成する必要があります。

 

AIDMA(アイドマ)の法則をもとに8つの要素で制作する

※AIDMAの法則=Attention(注意)⇒Interest(関心)⇒Desire(欲求)⇒Memory(記憶)⇒Action(行動)

これは、アメリカのローランド・ホールが提唱した「消費行動」の仮説です。このプロセスをもとに8つの要素に落とし込み、ランディングページ制作を行います。

 

<Attention 注意>

ランディングページには、見た瞬間に「なんだこれ!」「これ良さそう!」と関心を引きつける写真やキャッチコピーなど、ユーザーにとって必要な情報だと判断できるインパクトが必要になります。

<Interest 興味>

商品のランキングや今までの実績などで期待感を与える情報を掲載します。その他にもユーザーが抱える問題や悩みへの共感など、興味がわくような情報を掲載します。

<Image 想像>

インターネットでは、他社の商品と比較されやすいので、差別化できる強みやアピールポイントを掲載して、購入する判断を助けるためにイメージしやすい情報を掲載します。

<Desire 欲求>

商品に関する情報を詳しく掲載することで、商品の良さを実感してもらい、「興味」から「欲しい」という欲求に変えます。

<Comparison 比較>

競合他社の類似品に負けないために、この商品にしかない「強み」「こだわり」「商品やお店の安心感」「親近感」などの情報を掲載します。

<Consent 納得>

商品を買うためには納得しなければいけません。そのために「間違いない!」と思ってもらえるような情報を掲載します。

<Action 決定>

購入する気持ちが高まってきたところで、最後にひと押しします。商品を再度提案し、限定感を伝えることで購入につなげます。

<Satisfaction 満足>

競合が多い中で売上を上げるためには、満足度が欠かせません。購入者の声を掲載することによって更なる安心感を与えます。

 

ページ構成

上記の8つの要素で「関心を引き付ける」ランディングページを制作します。弊社のディレクターが競合調査を行い、商品の魅力を最大限に引き出すページ構成を創り出します。

 

創造力

ランディングページは、綺麗なものを作ればいいというものではなく、ユーザーの関心を引くものでなければいけません。そこで、弊社ではネット販売にと特化したデザイナーを採用し、訴求力のあるページデザインを行います。

 

納品スピード

弊社では、外注を行わず、社内の専属デザイナーによって制作するため、ハイクオリティのランディングページを最短5営業日で納品することができます。