ランディングページはLPOツール(ヒートマップ)を活用しよう!

LPOツールのLPOとは何か

LPOはホームページの見出しのページです、つまりホームページ訪問者が一番初めに見るページのことです。このページはとても重要です。なぜならここでそのホームページの第一印象が決まります。印象が良ければほかのページにも興味を持つかもしれません。また、そのランディングページを良いものにし結果を最大限に引き上げを目指すことをLPOと言います。難しく言うとランディングページを最適化と言います。ランディングページを最適化=LPO(Landing page optimization)LPOのOはoptimizationのことですが、最適化という意味があります。

ランディングページを作るポイント

ランディングページをよりいいものにするにはLPOツールを最大限に活用することが大事です。LPOツールは便利なことに自動的に最適化してくれます。ランディングページは商品を売る通販サイトなどの場合お店の顔になります。訪問者が一番求めている情報をわかりやすく表示することが大事です。常に訪問者は他のサイトと比較しているということを忘れないようにします。また、通販の場合オーダーフォームや商品情報に訪問者が不安だと思うであろう要素を出来る限りなくすことが大事です。またストーリー性のあるフレームワークが定番です。

ランディングページの構成

大体の人が読める内容にします。わかりやすく、ごちゃごちゃしていない簡潔なページを目指しましょう。ファーストビュー(初めて見たページ)、疑問を投げかけてみたり、興味を持たせる、そんな要素を持つページにします。まずは訪問者にホームページ作者の意図に気が付いてもらう、または理解してもらうことが最終地点です。これがとても難しいのでこれを目標にしましょう。一ページ目で目標に到達できるような導入文を書かなくてはなりません。また、忘れがちなのが見やすさです。見やすい配色にしたりフォントも工夫します。

ストーリー性のあるフレームワークとは

小見出し1でご紹介したストーリー性のあるフレームワークについてです。こちらはWEBでマーケティングする上で重要で絶対に知っておいたほうが良いことです。売上アップをするには3C分析をすることが大事です。3Cとは自社、顧客、競合の意味です。こちらは購入を考えている人つまり顧客とより良い関係を持つ際に必要です。そうすることによりまた買いたいという購買力をよりアップさせます。また、ストーリー性とは人間の心理学を用いた理論を使います。理論としてはAIDAの法則QUEST FORMULAといった人間の心理に基づいた理論を覚えておきます。これらのことをストーリー性のあるフレームワークと言います。

ヒートマップとはなにか

LPOツール=ヒットマップですが、ヒートマップを簡単に言うとホームページのアクセス解析のことです。アクセス解析をすることによっていつ訪問者が来たかわかり、また何人来たかがわかります。それを分析することによって売上をより良くするための対策となります。ヒートマップを用いているサイトは多くあります。ヒートマップはその名の通りデーターを色で表記します。難しく言うとWEBサイトでの訪問者数をサーモグラフィーで表す機能です。WEBヒートマップは最も沢山訪問されたWEBページを表示するためにできました。

直帰率を下げるためには

ランディングページで直帰率が高いということはあってはならないことです。直帰率とはランディングページを見たらほかのページも見ずにサイトを閉じてしまうことです。直帰率を下げるためにはなるべくデーターを軽くして表示速度を上げたり、興味を持たせるコンテンツを多く含ませる。色合いも大事です。また、フォントも工夫します。見にくいページは見ているほうからするととても不快です。幅広い層の人に見てもらえるようなページにしましょう。また、句読点の付け方にも気を付けましょう。より見やすい文にすることは基本中の基本です。これらに気を付けましょう。またはヒートマップを活用して原因を究明することも大事です。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。