WebマーケティングにおけるKPIとKGIの目標設定の意味

目標を数値管理する事で理想を実現

Webマーケティングをする上で、どうしてもプロモーションやマーケティングがインターネット上に限定されるため、ユーザーの特性や特徴が見えにくいと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし実際には近年各種数値目標を管理する事が出来ますので、非常に分析がし易くなって来ました。そしてKPIやKGIという具体的な目標を数字で表現する事でより明確なゴールが見えやすくなります。ここではそんなインターネット上の数値目標の管理や、目標設定管理をするメリットをお話して行きますので、Webマーケティングを検討している人は参考にして下さい。

目標設定をする理由とは

Webマーケティングを行う上で最も重要なのが、数値で分析をし、その結果を次のアクションへ繋げる事でより最適なユーザーを集め、かつ多くのユーザーを取り込む事を目的とします。そうする事でホームページやインターネットのサイトを販売やサービス購入へと繋げる事が出来るでしょう。数値分析の中にはコンバージョン率と言われる購入したパーセンテージを計測する事も出来ますので、アクセスした人がどの程度の割合で購入したのかを知る事が出来ます。この様に数値で管理する事でより最適なページへと改善する事が出来るのが目標設定のメリットです。

具体的に目標設定の数値管理方法とは

Webマーケティングでの目標設定には、主にKPIとKGIという指標を使用します。普段お仕事をしている人は聞いた事があるかもしれません。この指標は企業での評価指標に使用される事も多いため、多くの人は耳にした事があるかもしれません。簡単に説明をすると目標を明確に数字で表現する事で、達成したのかどうかを数字で判断する事が出来ます。抽象的な目標であれば、実際に達成したのかどうかが判断しづらいと考えられているので、こういった指標は現代社会では評価から、インターネットの分析にまで活用されています。

KGIの使用方法とは

まずはその目標設定の指標として使用される二つのうち、KGIからご説明致します。KGIとは重要目標達成指標と言われる事が多く、パフォーマンスを定量的に示す数値として活用されています。具体的にいつどのような結果となれば目標達成と判断出来るのか、もしくは目標達成とみなすのか、という指標となります。つまり今年の年末までに売上を1億円達成するという様な具体的な日程と目標金額を設定する事で、年末の時点で1億円達成したのかどうかを判断する事が数値を見るだけで判断出来ます。この様により具体的に数値にする事で異なった認識を持つ危険を防ぐ事が出来ます。

KPIの使用方法とは

続いて、KPIに関してご説明して行きましょう。重要業績指標等と日本語で表現される事も多いですが、先程お話した様に企業での評価制度にも取り入れられている指標です。KGIと比較すると比較的動きのある指標で、最終的なゴールを設定するのとは異なり、具体的なアクションを表現する指標と言えるでしょう。KGIがあり、その目標を達成するためのアクションを考える必要がありますので、そのアクションをこのKPIで表現する事が出来れば目標と具体的な行動を文章として示す事が出来るでしょう。不明確なままあれをやろう、これをやろうとするのではなく、こういった指標を活用する事でより具体的で明確になるでしょう。

目標設定の重要性と次のアクション

この様に各種指標を使用する事でWebマーケティングをより明確なゴールへと導いてくれる様になり、適したユーザーやアクセス数を獲得出来るでしょう。指標を作成するとその指標へ向かって業務を進める事になりますので、そもそもこの指標が間違っていれば想定していた結果を出す事は難しいでしょう。そのためこの指標を作成する段階から分析や数値管理が非常に重要となります。この指標を活用し、継続的に分析を続けて行く事でさらに難しい指標や結果を求める事が出来る様になりますので、継続性を持たせて取り組んで行きましょう。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。