ランディングページを作成するときの絶対に失敗しないポイント

ランディングページ作成時の基本

ランディングページとは、元々あるサイトに集客用のページを追加することで、サイトの問い合わせ等の割合を増やすためのページです。サイトを訪問する人は、現在悩んでいる悩みを解決するためにそのサイトを訪れます。ですから、例えば売りたい商品がサイトの訪問者にとって悩みの解決策になるということを説明する必要があります。この説明文の部分にどの程度説得力があるかどうかで、問い合わせ等の割合が変わってくるといえます。ランディングページ作成の際の注意点として、その商品の説明文や悩みの解決策がどれだけ濃い内容になっているかということだと言えます。

ランディングページの文章の書き方

集客するためのランディングページは、思いつきで内容を決めるのではなく理論的に考えて作成していく必要があります。理論的に考えていくことで、サイト訪問者の様々なニーズに対応するとができます。しかし、その場で思いついた考えが悪いわけではなく、理論的に突き詰めていくなかで出てきたアイディアは有効に活用することで、より良いランディングページにすることが出来ます。また、書きはじめる時に他のランディングページを参考にすると思いますが、最終的には自分自身の言葉だけで作成することが理想的です。

ランディングページのキャッチコピーについて

キャッチコピーは訪問者の興味ひくための、とても重要な部分です。キャッチコピーは、一般的にページで一番始めに見られやすい部分です。検索して訪れた人が、自身が見たいページで間違いないことが分かるようにすることが大切です。訪問者の関心に合った文章が作成できるのが理想です。また、実際に商品など売りたいものの説明をする前に、訪問者の悩みに共感する前置きがあるとより効果的です。商品の良さを伝えるためにも、なぜその商品に多くの人が興味を惹かれるのか、また同じような悩みを多くの人が持っていることを伝えることが必要となります。

商品などの説明文の書き方について

商品の説明文を書くときに重要なのは、その商品をイメージしやすくさせることです。写真などを用いてより訪問者がイメージしやすくしていきます。またその商品が物であれば、大きさや量などを具体的に示すことが大切です。またその商品を使う立場になって文章を作成する必要があります。その商品の内容にもよりますが、他の商品と同時に使用することがあるのかやメンテナンスの必要性、捨てるときなどを考えながら文章を作っていくのが良いです。商品を買ってもらったり、資料などを請求してもらう際にとても重要な部分になるので、時間をかけて作る必要があります。

商品などの利用者の声や口コミについて

商品の説明文等を見たあとに、訪問物に購買意欲が湧いたとしても、多くの人は説明文が本当なのかどうか迷っている人が大半だといえます。説明文の通りのメリットをきちんと享受できるのかどうか、訪問者が確認するために商品利用者の感想などをチェックするため、この部分も大切な要素です。ここで重要なのは信憑性がどの程度高いかどうかで、例えば名前が分からない人の口コミよりも、実名で年齢や性別が分かるほうが信憑性は高まります。また利用者の声に合わせて、商品の効果に関する科学的な根拠などをデータなどで示すことができるとなお良いです。

似た商品やページとの差別化

性質が似た商品には、それぞれ値段や品質など強みがあります。これらの商品はその強みに合わせて説明文の内容を作成していくことが重要です。また似たようなランディングページと競合する場合には、そのサイトでしか手に入れることができない情報などを混ぜていくことで差別化をはかっていく必要があります。これを行うのは中々難しいことですが、多くのサイトが無料で閲覧することが可能な中で優位性を保つには、差別化が重要となります。そのサイトで購入や請求をするメリットを差別化して伝えることで、訪問者の購買などのアクションに繋げることができます。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。