サジェスト機能を活用してEFOを行う

EFOとはどのようなものか

EFOとは、Entry Form Optimizationの略で、成果を上げるのに有効な手段のことを言います。ホームページを運営していて、売上が増えないと悩んでいる人が多いです。焦ってしまい、商品の金額を変更したり、集客にテコ入れしたりととにかくいろいろなことを手当たり次第に対応してしまうことが多いです。しかし一番大切なのは本質的なことを改善することであり、それに必要なのがEFOということです。これを行うことによりホームページをぐっといいものにし売上を伸ばすことができるようになるということです。

EFOを行う心構えとは

ホームページの売上に直結する改善がEFOということは説明しましたが、集客やホームページ全体の改善にかかる労力や予算と比べても、とても実践しやすいということがあります。これはとても大きなメリットであります。しかし、いざやろうと思っても何をしていいのか、どこから始めたらいいのか、分からないという人が多いです。そこでこれから、始めるためのポイントを紹介していきたいと思います。ホームページの売上を伸ばすためにも、一つずつ頑張っていくと成果があらわれるのでコツコツとやっていきましょう。

入力項目とエラーについて

まず行いたいのが入力項目の調整です。これは実践するのにそんなに苦労することもありません。また効果も期待できるのでまずはこれをおこないましょう。そして次は入力フォームのエラーをフォローすることです。せっかく購入したり、資料を請求しようとしてくれている人がいるのに、入力フォームでエラーが出てしましい、めんどくさくなったり嫌な気持ちになり、購入をやめてしまうお客さんがいる場合があります。これはとてももったいないことです。まずはエラーがでないように事前にフォローしておく必要があります。

ボタンなどのテクニック

購入をすすめるためにもボタンの押しやすさはとても大切になります。大きさや色に気を使うだけでなく、文言にも気を付けておきたいところです。文言はどのような行動をしてほしいのか動詞で書くということが大切です。たとえば、購入するときに押すボタンなら、お客さんの立場に立ち、「買う」という動詞で表現するということです。このほかにもよりたくさん買い物をしてもらうためにたくさんの工夫を行うといいです。見やすさのほかにもついつい買い物をしたくなるような言葉を入れたりするとより効果が期待することができます。

スマートフォン向けにも

最近ではスマートフォンを利用している人が多いです。パソコンよりも画面が小さいため見にくかったり、操作がしにくかったりすることがあります。それを防ぐために入力フォームを大きくしたり、ページを分割したりするなどの工夫が必要になります。
ネットショップの場合、決済や送付先などたくさん入力する場所があります。より快適に入力してもらえるようにデザインを行う必要があります。この時にもパソコン、スマートフォンどちらからでも操作が行いやすいようにしておくことが一番大切になります。一番EFOの効果が期待できます。

サジェスト機能を活用

お客さんに入力フォームに快適に入力してもらうためには自動化をおこなうといいです。定番ツールとして普及しているのがサジェスト機能というものです。サジェスト機能を活用すると自動で入力候補をしめしてくれるためお客さんはそれを選ぶだけで入力が完了するということになります。
以上のようなことを行いよりお客さんが快適に買い物することができ、よりたくさんの金額を使ってくれるようにEFOを行うといいです。特に入力項目が多い個所ではサジェスト機能の活用はかかすことができません。負担の内容に買い物をしてもらう必要があります。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。