EFOをはじめるには入力項目の調整が大切になります

フォームとカートで売上をあげるために

近年、インターネットでの商売をはじめる人が増えていて、単純なアフィリエイトから個人店としてホームページを立ちあげるなど、さまざまなことをしているはずです。しかしながら簡単にできても売り上げがなかなか伸びない、そんなこともあるはずで、それゆえEFO(Entry Form Optimization)を考える必要があり、これは入力の手間を減らして、より短時間で正確に入力が完了できるように、ユーザに合わせて入力フォームを最適化する事を言います。これによって売上の向上に繋がっていくので、学ぶ必要があります。

EFOをはじめる心構えとは

ホームページの売上にもっとも関わってくるのは客のアクションであり、そのためには買いやすい環境を作る必要があります。そのために求められるのがEFOであり、これを改善するのはホームページ全体のデザイン、使いやすさを考えるよりもずっと容易く、しかも金銭面、労力面の両方においてローコストで可能となるというメリットがあります。しかも売上に繋がる改善というのは漠然としていて、いざ、取り掛かろうとしても分からないことが多いので、最も直結している部分から行っていくことは、理に適っているのです。

どういったものが売上を妨げるのか

一般の店舗はシンプルにいえば商品を選ぶ、そして決算するの二つによって成り立っています。しかしながらインターネットを介すると、商品を選んだ後に個数を選ぶ、決定するという項目が加わります。場合によっては他にもパスワードの入力を行なったりと、自宅にいながら簡単に行なえる反面、面倒な作業が増えるのも事実です。そしてこの操作が難しい、分かりにくいと買う気を失ってしまい、他のところに行ってしまうことがあるので、売上をあげるには操作性が簡単であること、分かりやすいことが必要とされるのです。

まずは入力項目の調整から

それゆえ販売に直接かかわってくるフォームの改善が必要となってきて、可能であればそれぞれにあったものを選択できるようにするのがベストになってきます。しかもホームページ全体を、コンセプトを考えるよりもずっと分かりやすく、改善のための労力が少ないのに対して、効果がはっきりと伝わってきますので、やる気にも繋がってくるのです。それゆえまずは入力項目を調整することが大切になってきて、使いやすくなれば売上に繋がり、そうなると結果に直結しますので、まずは行ってみることが大切になってくるのです。

エラーとボタンの最適化

人がフォームに必要なことを入力していって、もっとも不愉快なのがエラーが出ること、クリックしたときにボタンが重いことがあげられます。特にせっかく入力したのにエラーによってすべてが最初空になってしまった場合、だいたいにおいて購買意欲を失ってしまう、腹立たしくなって買うのをやめる、そういったことにならないようにエラーをフォローすることが必要となってくるのです。またボタンに関しても同様で、使いやすくわかりやすい、それがアクションに繋がってくるので押しやすいものにすることが求められるのです。

合わせて覚えておきたいテクニック

EFOは単純にフォームを使いやすくするものではなく、そこからさらに高額報酬を目指すことが大事なのです。また近年はスマートフォンの利用者が多くなっているので、そちらからも見やすく分かりやすいフォーム設定が必要となってきて、売上に繋がっていきます。スマートフォンならではのボタンも多くあるので、必要に応じて使い分けることが求められてきます。
それゆえ売上アップにつながるために必要なのは知識を身に着けて正しく実行することで、そのためには参考になる優良なサイトを探すことをはじめるのが大切になります。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。