EFOをはじめる必要な心構えとは

EFOの効果と必要性

EFOをはじめるにあたり、EFOの必要性と効果を知る心構えが必要です。
運営者は、どのような内容だったら、訪問者の興味を引くのか、どうしたら訪問者が増加するのかなど、何よりも利用する側に立ちサイトを運営する事が大切です。しかし、そればかりが利用者の注目点ではありません。実は、実際買い物や会員登録時などの入力フォームも、重要になります。どんなに、訪問者が増えても、入力フォームの使い心地が悪ければ、ストレスのもとになり、顧客や会員を逃してしまう事になります。そこで、入力フォームへの心配りも必要になります。

EFOの持つ役割とは

インターネット利用時に会員登録をしたり、ショッピングなどをする際に、申込フォームなどに必要事項を入力する事は必ず必要とされます。そこで、入力するにあたり、入力項目数が多すぎて面倒で、はじめる前にやめてしまったり、入力の途中でやめてしまったり、また、入力の項目が分かりにくく、エラーが良く出る、更にせっかく入力した内容がリセットされるなどで、テンションも下がり、結局やめてしまうケースなどがあるものです。そこで、EFOとは、エントリーフォームの最適化を意味し、入力フォームを分かりやすく最適化する事により、入力が簡素化できなどの効果があります。

訪問者を確保するためのEFOの必要性

ネットで顧客や会員の獲得をアップさせるために、SEO対策やメルマガなどが有効的に活用されていますが、確かに、訪問数は増えたとしても、実際に買い物や会員登録などを実行してもらわなければ、最終的な目的は果たせないものです。興味がなければ、素通りする訪問者もいる事ですが、興味があって、ショッピングや登録作業をしていて、入力が面倒になったとか、入力に時間が掛り過ぎ、他の用事に間に合わなくなったと言う事で途中でやめられては、せっかくの顧客や会員を失う事に繋がります。そこで、顧客や会員を確保するためには、EFO対策は必要とされます。

入力に関する改善法とは

入力フォームを改善はじめる際に、入力側の立場に立つ心構えが必要です。一番考えなければならないのは、入力項目を最小限にすると言う事です。入力側からすれば、入力は一番面倒なものです。どうしても、任意で答えてもらいたい項目を入れる場合は、必須項目と明確に区別する事が必要です。必須項目の部分には、例えば、赤色で「必須」と表示する事や必須項目を太枠で囲むなどすれば、分かりやすいものです。
次に、電話番号や郵便番号の入力時に「-」を入力するか分かりにくい場合があり、その時は、入力例を表示しておくと迷いなく入力できます。
数字やカタカナなどを入力する際に、半角か全角入力かでも迷いますので、全角、半角表示は必要です。

フォーム作りに関する改善法とは

フォームを入力する際、入力側は、縦に見ていくので、フォームを並列並びで作成する事がポイントです。
入力が完了し、正確に入力が出来ていなければ、エラーが発生します。エラー部分の修正を促すために、エラーの内容やエラー部分を赤枠で位置を明確に表示すると、1度の修正で事を成すものです。何度もエラーが表示されると、入力側は、ストレスになってしまいます。
「確認」「戻る」「完了」などのボタンは分かりやすく、クリックしやすいような大きさに注意する事も必要です。また、入力の画面に余計な外部へのリンクは外した方が良いものです。

EFOの重要性と効果

特にネットショップでは、入力フォームは重要です。注文内容、決済、送付先などスムーズに最後まで入力が完了する事が重要です。
また、スマートフォンでは、パソコンと違い、画面が小さい事から、入力フォームを見やすいように大きくするなどの工夫が必要です。
しかし、EFO対策をしたからと言って、離脱者をゼロにする事は、不可能かもしれませんが、EFO対策でフォームを改善するだけで、顧客や会員の確保をはじめ、売上など大きな効果を実感される運営者も多いものです。また、入力フォームには、個人情報を入力する為、しっかりとしたEFOを対策が成された入力フォームであれば、訪問者の信用を得る事にも繋がります。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。