結果に繋がるLPの作り方。ランディングページに必要な商品説明とは!?

人を動かすLPは、良いイメージを抱かれている

人間関係は第一印象が大事であるように、ランディングページも第一印象が大切になります。特に、商品の情報を提供するのであれば、モニター上から得られる記述や画像1つで商品の印象も違ってくるものです。インターネットを使って商品を探しているユーザーは、商品を手に取って調べることはできません。この為、ランディングページの印象の違いからも商品の性能や機能、作りの良し悪しまで鋭く判断します。つまり、ユーザーにとってライディングページは、試供品やお試し品に近い役割をも持っていると言えるでしょう。良い商品を取り扱っているのであれば、同じ位良いランディングページも制作して、商品の持つ魅力を適切に伝えなければいけません。

読者に好印象を与える商品説明の作り方の基本

ランディングページは第一印象が大切ですから、一見して好印象を抱いてもらえるデザインが必要です。この為には、好印象を抱かれるページ構成の基本を守ると良いでしょう。商品の内容に合った見た目の良さや、雰囲気は勿論ですが、意外に忘れがちなのが「読みやすさ」と「親しみやすさ」です。例えば、会社名を見やすく明記して、基本情報へのリンクもわかり易く配置しましょう。こうすると、ユーザーは商品の背景を読み取りやすくなり、「この会社と商品とは信頼できるかもしれない」と期待します。商品を説明する準備段階、文章で言えば導入部と言える部分ですので、この基本部分がしっかりしていれば、その後に続く説明を結果に繋げやすくなります。

読者を納得させるLPとは

商品について説明する準備が整ったら、次はユーザーを納得させるページを作りましょう。この段階では「商品を購入すると自分が求める結果が生じる」というイメージを持ってもらうのが大事になります。ユーザーがランディングページに辿り着いたのは偶然ではなく、商品の持つ機能や性能を求めての事ですから、この期待に応えるストレートな説明をしましょう。例えば、商品が衣料品であれば季節に適した着やすさをアピールできます。商品の材質と構造とを説明して、他の衣料品と何が違い、その違いにどのようなメリットがあり、実際に何の用途で使われているのか等を説明しましょう。こうすると、ユーザーは自分が使用した時をイメージしやすくなります。

ユーザーに購入してもらえるLPとは

ユーザーは数ある商品の中から一握りをピックアップして、その中から選抜した商品を購入します。ユーザーは比較の際に必ず迷うものですから、自社の商品を選んでもらえるように迷いを解消する情報を提供しましょう。ここで、商品のブランドの説明や歴史、商品の生産国、重量やサイズ、値段等の基本的な情報をできるだけ細かく記すのが大切です。ユーザーは商品背景や商品自体の情報を見て、需要に一致する点が多いほど魅力を感じるからです。素材や製法の伝統もしくは先進性もアピールして、商品のルーツにも魅力を持たせましょう。科学的な検証や第三者機関の調査内容を示せば機能や性能の裏付けとなりますので、商品の魅力に説得力をも加えられます。

LPにおける商品説明の注意点について

ランディングページで商品説明をする際に、特に注意しておくべきポイントが2つあります。1つ目は、ページ全体の内容に統一性を持たせることです。もし、あるポイントで「吸水性が高い」と説明しながら、次に「撥水性が高い」と説明すると、ユーザーは商品の性質を掴みかねます。商品の性質は正確に把握して、全記述で一致させましょう。2つ目は、過大なアピールを行わない事です。ユーザーは多くのページを比較するものですから、大げさな内容はすぐに見抜いて、信頼できないものと判断します。情報も出所のわからない根拠の薄いものや、古い内容であると逆効果です。アピールの為に情報量の多さは大切ですが、情報の質にも十分気を付けましょう。

LPにおける商品説明の仕上げ

ランディングページの商品説明を試作し終えたら、全体を俯瞰しましょう。ユーザーから見て、「このページを読み進めれば知りたい事が把握できる」と思ってもらえるでしょうか。試作したページは他の方に、できれば商品とは関係の無い方に見てもらうのが大切です。第三者から見て、「知りたい情報が網羅されたページである」「商品自体だけでなく背景までよくわかり、買ってみたいと感じる」と思って読み進めてもらえるなら、概ね上手く行っていると言えます。最後に大切なのが、内容を削ることです。内容が充実しつつ簡潔にまとまったページであれば、それだけでも他の商品やページに比べ洗練された印象を与えるので、大きなアドバンテージになります。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。