キャッチコピーを作る上で大事なポイントとは

キャッチコピーをつけるときに注意したい事

世の中に溢れる幾つもの品物の中で、流行を作るものにはその品物の特徴を表現したキャッチコピーがつけられている場合が殆どです。
しかし、ただ闇雲に特徴だけを並べ立てたものでは、その品物の魅力を感じてもらう前に忘れ去られてしまう事も多く、流行を作り上げるまでには至らない事も有るのです。
では、優れたキャッチコピーとはどのようなものでしょうか。
もちろん、品物の魅力や特徴を伝える事も大事です。
しかし、それ以外にも流行となるだけの様々な要素が短いフレーズの中に感じる事が出来なければ、優れたキャッチコピーとは言えないのです。

最も大事なインパクト

優れたキャッチコピーには、必ず多くの人の目を引き付ける事が出来るインパクトを感じさせます。
品物の魅力を伝えるための、短いセンテンスで多くの人の好奇心を集め、品物に対する興味を惹く事が出来れば、そのキャッチコピーは一定の目的を果たしたと言っても過言ではないのです。
しかし、どのような言葉がインパクトを感じさせられるのか。
この言葉の選択と組み合わせが作成者のセンスで有るとも言えるのです。
事実、これまでに流行を作り上げた商品の殆どは大きなインパクトを感じさせることに成功したキャッチコピーを与えられているのです。

必ず事実だけを伝える事

インパクトの大きなコピーをつけようと思えば、必要以上に特徴を大きく誇張した言葉を入れてみたり、短所を包み隠すような言葉を入れてしまいたくなることは理解できます。
しかし、これは逆効果になりがちなことを忘れてはいけません。
何より大事なことは、事実を正確に伝えるコピーである事、その原則を忘れたキャッチコピーで有ったとしたなら、コピーに惹かれ品物を手にした人達にマイナスの印象を与える結果となってしまい、どれほど優れた品物であっても、そのマイナスの印象から悪い評価を下されてしまう事もあるのです。

出来るだけ短いフレーズで

キャッチコピーと言うものは、基本的にその品物の特徴、長所を知ってもらうためにつけられるものです。
そのため、いくつもの長所が有ればその全てをコピーの中に記したいと考える人もいることでしょう。
ですが、あまりにもコピーが長いものであればインパクトに欠けるコピーとなってしまい、伝えたい長所を知らしめる事さえ難しくなってしまう場合が有ります。
このような事態を避けるためにも、コピーは極力短いセンテンスで、可能で有るならば、一言で言い表せるものが望ましいのです。
僅か一言のフレーズでその品物の全てを表す事が出来れば、そのコピーは一つの成功と言えるでしょう

大多数の人が容易にイメージする事のできる言葉で

インパクトを感じさせるものであること、短いフレーズで品物の特徴を言い表している事、そのいずれもが優れたキャッチコピーには大事な事となります。
しかしながら、そのコピーを耳にした大多数の人が、コピーから品物をイメージする事が出来なければ、そのコピーの完成度は半減してしまいます。
大事な事は、コピーを耳にした人の殆どが、そのコピーを聞いて品物を思い浮かべる事が出来る事、そして、コピーを聞いただけで特徴や長所までも想像出来る事です。
流行を作り上げた品物の多くは、一つのキャッチコピーでその品物を物語ってさえいるのです。

他の品物と比較する事は望ましく有りません

充分に練り上げられたキャッチコピー、インパクトを感じさせ、明快な短いフレーズでその品物を言い表している、更には誰もがそのコピーを聞いただけでその品物を思い浮かべる、そんな理想的なキャッチコピーであったとしても、してはいけない大事な要素が有る事を忘れてはいけません。
他の商品と比較したり、結果的にそうなってしまったとしても欠点を追求してしまうようなコピーであっては、優れたコピーで有るとは決して言う事は出来ないのです。
その品物が持つ長所が、絶対的に誇れるものである事、その絶対的に自身の有る部分を言い表したものが素晴らしいキャッコピーなのです。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。