ランディングページのコンバージョン率を簡単に改善する方法

効率的にランディングページのコンバージョン率を上げられる

ランディングページのコンバージョン率は社会的行動証明を利用することによって他の人の行動を参考にして自分も行いたくなります。簡単にこのような方法は実践することができ、ランディングページのコンバージョン率の増加にすぐに反映します。お客様の声や販売実績などを参考にすることが大変重要です。それを見た人は自分のやってみようと思います。キャッチコピーも非常に需要です。興味を引くようなキャッチコピーを利用することによって欲求に刺激して見込み客も取り込むことが出来ます。顧客がかなえたい願望などをキャッチコピーにするのがお勧めです。 見込み客の教育も重要。 ランディングページのコンバージョン率を増加する前に見込み客を教育することで信頼関係を得ることが出来ます。事前にライディングページに誘導するように仕向けることが重要です。そのためには商品やサービスを利用して得ることが出来る効果を実感してもらうことが必要です。また、業界の最新レポートなどを読んでもらい情報通になってもらうことが大事になります。きちんと見込み客を教育することによって自然と手に取るようになります。また、トラフィックの流入元を確認することも必要です。分析して検索エンジンやメールマガジンなどで変わってきます。

トラフィックの流入元を分析することも大事

PPC他サイトからの紹介などどこからのトラフィックをターゲットとするかによってランディングページで伝わるべき内容は変わってくるため、思うように集客を得ることが出来ない場合は思い切ってプラットフォームを変えることも一つの手段です。少しの変化でも劇的に変わるケースがあるためダメもとでも行うほうがいいことも有ります。色の効果も考えることが重要です。それは申し込みボタンなどの色を考慮して赤から緑に変えるという変化も重要です。赤は最も目立つ色ですが、緑は安心感を与える色ですので色の意味も含めて考える必要があります。

人の目線を考えることも大事

ネット上では人の目線の動きはFライン、Zラインという動きをしています。キャッチコピーなどはZラインに動く傾向があるため、それを意識して文章作成をすることによって目に付きやすいキャッチコピーを作ることが出来ます。ボディコピー以下のパートに関しては小見出しを入れることで見やすくなります。また、ボディコピー以下のパートではFラインで目線は動きますので必ず読んで欲しい文言などを選別することが重要です。ランディングページにコメント機能を入れることも効果的です。コメントを読んで購買意欲を掻き立てます。

購入者の口コミも大事

ランディングページにフェイスブックコメントなどを利用して利用者の感想や意見を自由に書き込むことが出来る環境にすることによって思いもよらない人が見込み客になる可能性もあります。その感想が社会的証明にもなりますので次に購入したいと思う人を増やせることが出来ます。ランディングページのイメージ画像にもこだわりを持って作成することが大事です。内容と関係性の高い画像にすることによって容易にイメージすることができます。画質を良くしたり、ピクセル数を上げるだけでも利用者の印象は格段に変わってきます。

割引価格の理由を説明することも有効

キャンペーンなどを行っている場合には定価の金額も記して、どのくらいお得になっているのかを示す必要があります。割引価格になっている理由も書くことによって安心して購入することが出来ます。申し込みの入力項目に関してはムダを省いて必要なものを掲載して絞り込むことが有効です。コンバージョン率が劇的に増加した例があるため、実践してみることがお勧めです。一つのランディングページには一つの目的をもって書くことが大事です。複数掲載することで読者も混乱して読みにくい文章になります。読者目線で作成することがポイントです。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。