ランディングページのコンテンツを制作するさいの注意点

ランディングページのコンテンツを作るには

WebコンテンツはWeb上で提供されるさまざまなコンテンツのことです。基本的には文章、画像、映像などの情報になり、それまでテレビやビデオといった媒体で提供されてきたコンテンツが、Webコンテンツの主流を占めています。しかし、近年はそれら既存のコンテンツをWebコンテンツとする以外にも自主的に制作しコンテンツとする流れも増えてきており、制作も盛んに行なわれています。特にインターネットの普及やパソコンの高性能化で制作がし易い環境にあるとはいえ、作るさいにはさまざまなことに注意する必要があります。

ランディングページのコンテンツとはなにか

Webコンテンツは、Web上で提供されるコンテンツのことです。コンテンツそのものはさまざまですが、基本的に中身のことを意味しています。日本ではコンテンツと略されますが、正しくはメディア・コンテンツであり、文章や音、画像や映像などのメディアを意味しています。ただし、メディアの種類もさまざまで新聞のような文章を中心としたものから、マンガのような絵を中心としたもの、テレビのような映像を中心としたものであります。それらのメディアをWeb上で提供できるように加工したものがWebコンテンツになります。

ランディングページのコンテンツにする理由

Webコンテンツにする理由としては、Webで誰でも気軽にアクセスすることができるという点です。例えば本であれば、書店に行って購入しなければならず手に入れるまで時間が掛かります。テレビやラジオなどは電波を受信できる環境があれば、どこでも視聴することができますが、基本的には一方通行であり視聴者は提供されたものを見るだけで選択肢に欠けます。この点においてWebであればインターネットにアクセスできる環境であれば、いつでも好きなものを利用者は選ぶことができ、ニーズの高いサービスを提供することができます。

制作するさいの注意点

Webコンテンツの登場は、それまで身近ではなかった著作権が身近になったことを意味しています。これまでは、制作する手段や配布できる数も限られており、複製も容易ではなかったため著作権が侵害されるケースも少なく、また侵害されても裁判まで行くことなく話し合いで解決するといった方法が行なわれていました。
しかし、Webによって誰でもメディアを複製することが可能になり、著作権が侵害されるケースが多くなってきています。また裁判の件数も多くなってきており、制作するさいには著作権に注意して作る必要があります。

ランディングページのコンテンツを制作するポイント

Webコンテンツといっても、さまざまな種類があり、それぞれ目的に見合ったものを作る必要があります。特に集客力が強いものとしては音楽系と画像系になります。文章の場合には読み手を選びますし、文章だけで人を惹きつけるのには相応の実力が必要です。一方で音楽系も画像系もそれなりのスキルが必要ですが、協同で作るといったことも出来るのでメディアとしては比較的、制作しやすいものです。
またWebコンテンツを作るさいには配布する方法も考慮に入れておくことで、無理のないコンテンツを利用者に提供することができます。

メディアコンテンツ以外のWebコンテンツ

Webコンテンツといえばメディアコンテンツが中心になりますが、実際にはインターネット上で提供されるあらゆるサービスの中身がコンテンツとも言えます。このため、Webデザインもまたコンテンツのひとつともいえます。Webデザインは利用者がWebを利用しやすい環境を整えるというもので、そのWebサイトの出来を左右する重要な役割です。またショッピングサイトなどでは優秀なWebデザインが購買力に繋がるため重視されています。ただしデザインに関しては著作権が存在しているものの、メディアコンテンツに比べて保護が弱いのが実状です。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。