クロージングに至るまでのランディングページ(LP)の作り方!

ランディングページの作り方のポイント

ランディングページとは、1枚のページで成果を上げるページの事を言い、略してLPと言います。
つまり、ただ、ランディングページを作成すれば良いと言う事ではなく、ユーザーをクロージング(契約締結)までに導けるようなLPの作り方が重要になります。何と言っても最後までユーザーの気持ちをキャッチしておかなければ、途中で離脱される事も少なくありません。そこで、作成にあたり、ユーザーの心理を考慮に、どのような構成で内容を組み立てれば良いのか、どのような事に留意したら良いのかなど、ポイントを抑える事が重要です。

ランディングページとは

ランディングページとは、Landing pageの事をいい、略してLPと称されています。
Webサイトに置いて、一般的にHPとは、トップページがあり、見たい項目をクリックして、次ページに移動しながら、得たい情報や目的までにたどり着くシステムになっています。その中でも、ランディングページは、1枚のページに置いて、上から下まで見ていく事で、商品やサービスの説明、魅力、効果、口コミなどが、分かりやすく表示されているものです。そこで、商品、サービスなどの魅力を容易に理解する事が出来、このページだけで成果に繋がる、縦に長いページとして、最近広く利用されています。

ランディングページのファーストビューの重要性

ページの最上部であるファーストビューは、最初にユーザーの目に飛び込んでくる第一印象の部分でもあります。この部分にユーザーの興味を引く様な、あるいは釘付けにするくらいのインパクトのある内容を考慮する必要があります。パッと見て、どのような内容のページかが分かるように、画像やユーザーの興味を引く、キャッチコピーなどを目立つようにアピールすると効果的です。ユーザーのニーズにマッチしていなかったり、商品やサービスなどに興味がわかなければ、離脱してしまいます。つまり、この部分でユーザーが興味や魅力を感じれば、更に下を見てみたくなるものです。

LPのストーリー性のある構成とは

ファーストビューで、ユーザーがサービスや商品に魅力を感じたとしても、それは、もっと詳しく内容を知りたいと言う興味本位に過ぎず、この部分だけで、クロージングまでに至る事は少ないものです。
クロージングまでに導くためのストーリー性のあるLPの構成が更なるポイントとも言えます。
まず、ユーザーの注意を引く為に悩みや問題提示をしてみるのも効果的です。次に、このサービスや商品利用で、悩み解消や問題解決にどのような役割をしてくれるのか、その理由と優れた部分を明確に示す事で、ユーザーの興味を更に引く事に役立ち、欲求を満たしてくれると思えるものです。

信頼性を伝える事も大切

Webサイトからの商品などの購入にあたり、ショップ側の人の顔も見えない、商品を手に取ってみれない事から、ユーザーにとって、ネットショッピングには、不安なものがあります。ユーザーにとって、LP閲覧で、サービスや商品の優れた事は理解できたとしても、その内容が本当に信じられるのか、ただ、誇大表示なのではないか、などの疑問や不安を感じる人も少なくないものです。
そこで、実際に利用された人達の口コミや声を掲載したり、テレビや雑誌などの掲載歴などを表示したりして、信頼性を高める事も大切です。

ランディングページ作成にあたり注意点

どんなにお洒落でデザインに優れたランディングページでも、クロージングに至らなければ、何の役にも立たない事は理解出来る所です。
LP作成に置いて、確かに画像などは、イメージしやすい事で、ユーザーの興味を引く為にも効果的でもありますが、画像の使い方によっては、ページの表示速度が遅すぎて、イライラして表示される前に離脱されたりします。画像の画質を落とす事や画像の大きさを小さくする、画像の使用を最小限に抑えるなどの考慮が必要です。
また、クロージングに至るボタンを分かりやすくする為に、大きさや色、デザインなどの心配りをするなどの細かい所にも注意する必要があります。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。