ランディングページ(LP)の作り方:アクション導線とは!?

ランディングページ(LP)の重要性

ランディングページはLPとも略されるもので、ほかのウェブページからのリンクや検索エンジンなどの検索結果または広告などのリンク先となる1枚目のページのことです。
通常のウェブサイトであれば、それほど重要ではありませんが、商品やサービスを販売するといった場合には、ランディングページは最初に目に触れるページであるため、その出来の善し悪しが重要になってきます。このため、ページの多くは1枚のページで必要な情報を提供し、また実際にアクションを起こしてもらえるように理論にもとづいて作られており、そのひとつがアクション導線と呼ばれるものになります。

ランディングページ(LP)の作り方

ランディングページ(LP)の基本は1枚のページで伝えたいことをすべてまとめるという点にあります。
つまり、ランディングページを見ればその商品やサービスのすべてがわかるというもので、また商品やサービスのメリットなど利用者によって有利な情報があり、最後に商品やサービスを利用するためのページへのリンクが配置されているというものです。
この仕組みはどのようなランディングページでも普遍的に採用されている形式ですが、実際に利用してもらうためにランディングページには、さまざまな工夫が行われています。

ランディングページの基本的構成とは

ランディングページの基本的な構成としては、ページのトップに商品やサービスの写真やキャッチコピーがあり、つづいて商品やサービスの共感、商品の提示、利用することによって得られるもの、実際に利用した人の声、また類似の商品やサービスとの違いなどが続き、最後にそれらを利用するためのアクションページへのリンクになります。
しかし、これらは基本的な構成でありアクションページへのリンクが複数用意されている場合もありますし、一部の内容が省略されているケースもあります。基本的には利用者によって魅力的なページであることが求められます。

ページの作り方のコツ

ランディングページの作り方のコツとしては、相手が利用したいと思わせる内容にすることです。このため画像や動画を多用することも作り方のコツのひとつです。またページの内容は利用者にとってのメリットを強調する必要があります。またメリットを強調するだけのケースもあれば、類似商品やサービスとの比較を強調する場合もあります。特にほかの商品やサービスの比較の場合には競合相手が多いケースに多く使われます。いずれにしてもランディングページでは、紹介する商品やサービスに合わせてページを作る必要があります。

ランディングページを効率よく使うには

魅力的なページを作っても、実際にはアクセスしてもらわなければ意味がありません。アクセスしてもらうためには検索サイトへの登録を行い効率よく検索結果を得るためのSEO対策を行ったり、インターネット広告を活用することが重要になります。このためページ作りはアクセスしてもらえる方法と同時に考えて行う必要があります。
例えば広告でも検索のキーワードに連動して表示される場合にはクリックしてもらえる確率が非常に高くなりますが、広告をクリックしてもそこから購買に繋がるかはランディングページの良し悪しによって決定することになります。

アクション導線とはなにか

ランディングページを語る上で欠かせないものがアクション導線です。これは実際に購買に至るまでの誘導を意識して作るというもので、利用者の目線や心理状態などを配慮してその導線を作ることになります。
ページの内容でメリットをただ羅列するだけでは効率よくアクションを起こしてもらえるわけではなく、アクションを起こすまでの誘導を意識的に行うことで、実際のアクションにつなげることができます。特にページの目的が最終的に紹介する商品やサービスを利用してもらうことであるいため、この考え方は重要になってきます。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。