ランディングページの直帰率を改善したい時に押さえておきたいポイント

ランディングページの直帰率改善はミスマッチを防ぐ意識で

ランディングページを有効に活かし、収益に繋げるためにページと訪問者のミスマッチを抑えていきましょう。ランディングページに過度な期待をするのはやめましょう。直帰率だけにこだわるのも間違いではありませんが、まずはユーザーがどのようにページに訪問するかをまずイメージすべきでしょう。ネットユーザーの流通経路をある程度でも良いのでイメージし、その上で改善に取り組む事で結果的に直帰率を抑え、目標を達成する事は難しい事ではありません。ではランディングページ改善のための5つのポイントを紹介します。

ネットユーザーの流通経路を大まかにイメージする

ネットユーザーは検索エンジンにキーワードを入力し、必要な情報、サービスを調べています。その過程でPPC広告またはそれ以外の広告を見かけ、必要な情報に近いと感じたらクリックします。その後、ランディングページを閲覧し、必要なサービス・商品であれば収益につながるアクションを起こし、不必要であればページから離脱します。非常に当たり前の流れで誰でも知っているような知識ですが、結果を出すためには必須のイメージです。お客の流れを理解しようとしないで商売が上手くいくわけがありません。必ず頭に入れておいてください。

キーワードで顧客となるユーザーをふるい落としていきましょう

検索キーワードが幅広い場合、多くのネットユーザーがランディングページを閲覧する期待値自体は高くなります。多くの人が入力するキーワードですから当たり前の事です。しかし、直帰率は高くなりがちです。これはネットユーザーとランディングページのミスマッチの確率も比例して高くなるためです。成果を上げるためには、顧客となる、またはなりそうなネットユーザーに向けて広告をアピールすべきでしょう。下手な鉄砲も数打ちゃ当たるではなく、顧客を意識して、キーワードを調整していきましょう。トライアンドエラーを繰り返し最適なキーワードを選定する事は大切な事です。

顧客層に向けた最適な広告コピーを選ぼう

商品・サービスを必要とする顧客に向けた広告コピーを打ち出すべきです。過度な煽りコピーに執着していないでしょうか。煽りが激しいコピーに釣られてクリックした後、ランディングページを閲覧し、落胆するネットユーザーは少なくありません。このケースはページにネットユーザーを引き込む事は出来ても、その後に成果を上げる事は難しいです。つまり、直帰率が高くなりやすいという訳です。したがって顧客層と広告コピーとランディングページのバランスを調整してください。これだけで直帰率を改善する事ができます。

ランディングページ自体を見直してみよう

ランディングページの色使い、テキストの量、画像の配置やリンクの量などを改善する事も大切です。顧客層が高齢者であればテキストの大きさ、見やすさを重要視する必要があるはずです。見づらいページと認識された時点で直帰率が高くなるためです。食品関連のランディングページなら赤色を効果的に使うべきでしょう。信頼度が重要であれば青色を、清潔さを押し出すなら白色を意識的に使うべきです。顧客層にとって魅力的なランディングページを作成し、ページによるアピールを最適化させ、直帰率を改善していきましょう。

目標をしっかり立ててありますか?

目標が曖昧な場合、成果も曖昧になりがちです。ですので目標を具体的なものにしてください。目標が具体的であればあるほど、改善策に対する努力の量がハッキリしてきます。努力の量がハッキリすれば、後は実行するのみです。早く実行出来れば結果が近づくのも早くなります。例えば、短期間で結果を出したいのか、長期的な視野に立ってトライアンドエラーを繰り返し結果を出すのかでは、改善のためのアプローチも異なるでしょう。ですので目標が曖昧で、やる事がわからないといった担当者の方は目標を具体的にしてみてください。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。