市場分析等の3CでWebマーケティングで基本となるポジションを確立する方法

マーケティングで重要となる市場分析

Webマーケティングでも普通のマーケティングでも市場分析が基本であることに変わりありません。市場分析を行い、自分の会社がその分野のどのような部分に特化していくことにするかを決めるようにします。他の会社がまだ狙っていないところで事業を展開するようにすると、他社との差別化が可能となります。その分野で生き残ることができるのです。その分野の中での自社の立ち位置がはっきりすると、事業の継続がかなり楽になります。非常に重要な意味を持つ市場分析ですが、どのような方法で進めていけばいいでしょうか。

ポジションの重要性とは

他の製品と差別化して優位な立場で商品を売り込もうと思ったら、ポジショニングをしっかりと確立するのが基本となります。いま既に存在する多くの分野では、トップに立つ企業が圧倒的優位な立場にいます。ブランド力が強かったり、大量生産によるコストカットを実現していたりします。2位、3位の企業は独自のサービスを行うなどの差別化をしてシェアを確保できます。それ以下の企業は、特定の客層、地域などに集中してサービスを提供するのが効果的です。どの客層や地域を選ぶかということが、ポジショニングの設定です。それを選ぶためには、3Cと呼ばれる分析を行います。

顧客についての分析を行う

3Cの最初の一つがCustomer、つまり顧客分析です。自分が狙っている商売にはどのような人が顧客となりうるか、それはどれくらいの規模か、どのようなニーズがあるかということを分析します。やり方は店頭で販売員が調査したりアンケートをとったりしますが、インターネットが中心のWebマーケティングではそれはできません。一度商品を購入した人からレビューを募集したり、電話で聞いたりしてみます。自分が想像していたのとは違うニーズが発見できるでしょう。ユーザーの声に対しては真摯に耳を傾けるようにします。

競合する他社についての分析

次に行うのがCompetitor分析です。競合する他社についての分析になります。同じ商圏で同じような商品を並べていても売ることはできません。他の企業と差別化する必要があります。そのために他社の分析をします。このときに注意するのが、同じ商品を販売している会社ではなく、同じニーズを満たす会社を選ぶことです。電車の中で暇つぶしをしたいというニーズに応えるには、オンラインゲームと電子書籍が競合してしまいます。他の企業がまだ手をつけていないニーズを狙うためにも、他社についての分析は欠かせません。

自分の会社について分析する

最後に行うのは自分の会社についての分析です。他社に比べて劣っている部分はないか、強化することによって有利になることはないかといった点を分析します。もしも劣っている部分があり、販売に大きな影響を及ぼしているなら改善しなければいけません。ほんの少しの工夫で売り上げを上げられるなら挑戦してみるとよいでしょう。他の会社とは異なる自分の会社の商品をアピールするポイントを見つけることもできます。自社の強み、弱みを把握することは、将来に向けてほかの会社から一歩リードするのに非常に重要な過程です。

Webマーケティングで目指すのは差別化

マーケティングでは、以上の3Cと呼ばれる市場分析を行うことによって効果的に自分の会社の販売網を築くために役立てます。これはWebマーケティングでも同様のことです。顧客、同業他社、自社についての分析を行い、既存の分野の中でも自分の会社が優れた部分を見出します。そして、その部分に特化して他の企業との差別化を行うようにします。できれば競合は避けるようにします。その分野で一番になれなくても、その分野の一部分でトップになるようにして特定の顧客を得るようにするのが、Webマーケティングの基本です。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。