Webマーケティングでの3C分析による市場分析

Webマーケティングにおける3C分析の重要性

時代は物を売るだけから、新たに市場をつくり出すマーケッティングの時代に移行しました。時代の変化は早く、インターネットの発達により、顧客の声を反映した市場づくりが求められています。顧客は商品やサービスを探すとき、始めに検索サイトで検索を行います。検索により自社サイトがトップに表示させる取り組みをSEOと言い、多くの手法が開発されています。それとは別に検索キーワードに合わせて、顧客の画面に自社のバナーを掲示させるのがリスティング広告です。検索順位と関係なく広告を出すことができ、顧客を自社サイトに誘導するために最適な方法です。さらに、自社のランディングページを最適なものにするための有効な手法が3C分析です。

3C分析はランディングページをつくるための手がかり

自社サイト内で顧客が最初に目にするのがランディングページです。このページが良くなければ、顧客は詳細を説明した次のページへ進むことはありません。ランディングページではデータが重く表示に時間がかかったり、動画により顧客の貴重な時間を奪ったりすることは論外です。ランディングページは写真中心ではなく、テキストを中心に顧客が知りたい情報を知りたい順番に並べ、最終的に自社の商品やサービスに行き着くように制作しなければなりません。さらに、ランディングページを制作する手がかりになるのが3C分析です。

Webマーケティングにおける3C分析

Webマーケティングにおける3C分析の3Cとは、顧客であるCustomer、競合を意味するCompetitor、自社すなわちCompanyの頭文字を表します。自社のページでアクセスする顧客の客層と嗜好を知り、魅力あるランディングページ上で新しい提案をする力が企業に求められています。3C分析はWebマーケティングにおける基本的な分析手法で、この手法を用いて顧客を知り、競合他社を知り、自社の強みを知ることで、ランディングページ上で顧客の想定を超える新しい提案をすることが可能になります。

3C分析の効果的な手順

Webマーケティングにおける3C分析には効果的な手順があります。3Cである顧客、競合他社、自社の分析は、この順序に行うのが効果的です。始めに顧客の客層と嗜好及び動向を知らなければ競合他社は特定できません。競合他社がわからなければ自社の戦略は立てられません。この手順の使い方はWebマーケティングの出現により現れた変化です。従前は商品の製造やサービスの種類は供給者側が主導して決めていました。消費者はその中から嗜好と必ずしも一致しなくても、なんらかの選択をせざるを得ませんでした。Webの時代に入り、商品とサービスのメニューを決める主導権は消費者である顧客に移りました。

Webマーケティングにおいて最も重要な顧客情報

Webマーケティングにおいて最も重要なことは顧客の客層と嗜好及び動向を知ることです。そこで行われているのが、アクセスしてきた顧客のキーワード分析です。特定の顧客がWeb内において、どんなキーワードで検索しているかを、キーワードツールにより調べて分析します。このツールを使うためには、検索サイトから広告のアカウントを取得する必要があります。これにより、顧客がどんな目的で何を求めているのか、その顧客はいったいどんな人物なのかを推測することができます。このデーターを多く集めて分析し、商品やサービスのターゲットニーズを決めていきます。

競合他社を知り自社の強みを表現したサイト制作

商品やサービスのターゲットニーズが決まったら、競合他社を特定します。ターゲットニーズが決まったことで、どこが競合する相手なのかが浮かび上がってきます。キーワードにより検索をかけ、上位に掲載された会社のランディングページを調べます。他社よりも自社のサイトを優れたものにするように改良を加えていきます。そのために自社のサイトを再検討し、顧客の要望を満たしているか、競合他社のアピール点に対応しているか、自社の優位点を適切にアピールしているかの点を調べていきます。これらの結果を元に、自社サイトのランディングページを制作するのが3C分析の最終的な目的です。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。