エントリーフォーム最適化を行うEFOで問合せフォームの改善

コンバージョン率を上昇させるEFO

コンバージョン率を上昇させるためには、ランディングページを改善するのが一般的な方法です。しかし、ランディングページの改善は数多くのテストを行い、結果を分析して有効だと思われるものを採用するという作業が必要で、項目が多岐にわたるため効率は良くありません。しかし、もっと手軽に、そして確実にコンバージョンを伸ばせる方法があるのです。
それがエントリーフォームの最適化、略してEFOです。ユーザーは、問合せフォームに必要事項を入力している際にエラーが発生したといった理由で離脱していまいます。EFOを行えば、改善することが可能です。

不要なリンクや項目を削除する

EFOでまず行うべきなのは、問合せフォームの入力と関係ないリンクを削除することです。問合せページには他のページと同じようにヘッダーやフッターにリンクがある場合が多いですが、そのリンクがあることによってユーザーがリンク先にアクセスしてしまうのです。
また、入力する項目を減らすことも有効です。項目が多ければ多いほど入力が面倒になり、離脱してしまうのです。最低限必要だと思われる項目だけを用意しましょう。氏名や住所のふりがなやメールアドレスの確認欄、簡単なアンケートなどは不要な項目です。

入力ボックスを項目ごとにまとめる

入力ボックスは、項目ごとに一つの欄にまとめることも重要です。例えば、住所を入力する際に都道府県と市町村、番地、さらにはマンション名といった具合にそれぞれ個別の入力ボックスが用意されていて、入力するたびに次のボックスへカーソルを移動させなければならないフォームはユーザーの離脱確率が上がってしまいます。ユーザーの立場を考え、入力する際に最適な構成にすることが必要なのです。
これは、住所の他にも郵便番号や氏名といった入力欄にも当てはまります。郵便番号をハイフンの前後で分けたり、名字と名前で入力ボックスが別になっているということがあります。

入力エラーはその場で表示する

ユーザーはフォームへの入力中に正しくない記入方法を行ってしまうことがあります。そのエラーを表示させる仕組みが必要ですが、多くのフォームではユ-ザーに全ての項目を入力させ、確認ページに移動させることでエラーが表示されるように設定しています。この部分もエントリーフォーム最適化を行います。
入力エラーは、確認ページで表示するのではなく入力ボックスに入力した時点で表示させるべきです。メールアドレスが正しく入力されていない場合、電話番号の桁数が正しくない場合など、その場でエラーを表示することによってユーザーがすぐに修正することが可能になるのです。

住所は自動入力にする

問合せフォームにおいて、住所の入力が必須になっていることが多いです。住所は、郵便番号を入力すると市町村まで表示される自動入力を導入しましょう。この形式は近年増えてきており、自動入力に対応していないだけでユーザーが離脱してしまうこともあります。
また、質問のみの場合や資料をメールやダウンロード形式で提供する場合は、住所の項目自体を無くしてしまっても問題ありません。郵送でなければ住所は利用しないので入力させる必要も無いのです。少しでもユーザーの手間を省かせることがエントリーフォーム最適化なのです。

エントリーフォーム最適化はユーザーの立場から行う

エントリーフォーム最適化は、ユーザーの立場から行うことが大事です。ユーザーが問合せフォームに入力しやすいことを求めるために最適化を行わなければなりません。
問合せフォームの入力は、必要事項の入力、入力内容の確認、そして送信という段階を踏みます。ユーザーが現在どの段階にいるのかを表示するナビゲーションを用意するとユーザーにとっての目安となり、離脱率の低下に繋がります。
また、入力が完了した項目にはチェックマークを表示させるとユーザーが入力を確認できるようになり、入力漏れが起きにくくなります。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。