EFOの基本的な方法についても知識とは

申込数を増やす方法とは

どこかのサイトで会員登録しようとしたとき、エラーが頻発して辟易することはありませんか。入力して完了ボタンを押したときに、住所の数字が全角でないとダメとか、パスワードが簡単すぎるとか、何度も修正して完了を往復しなければいけないときがあります。根気よく入力を続ける人もいますし、どうしてもそのサービスが必要な人もいます。しかし、その会員登録がその人にとってあまり重要性を持たない場合は登録を放棄することもあります。これが申込者を少なくすることにつながります。どうやって対策をすればいいでしょうか。

申込アップをねらってEFOを利用する

申込や購入の際のフォーム入力で、入力者がストレスを感じなくするような対策の一つにEFOがあります。エントリーフォームの最適化という意味です。フォームの配置などを見直して、一度目の入力で間違いなく入力できるように誘導したり、入力項目を少なくするなどして手戻りを防ぎ手間を少なくすることが目的です。そうすることで申し込み途中に発生する脱落者を少なくするのです。一度は登録の意思を示した人が、途中で脱落すると大きな機会損失となってしまいますので、そのような人を逃がさないようにするこの方法は非常に有効な手段です。

入力項目を少なくする

まず最初に、フォームを見直します。フォームが多すぎると面倒くさくなって入力の意欲が薄れてしまいます。入力者が面倒だと感じる機能としてメールアドレスを二回打たないといけないことが挙げられます。そういった場合は、メールアドレスだけを入力する画面を仮登録画面として用意しておいて、入力してもらいます。確認メールをそこへ送ることによってアドレスが正しいかどうかの確認をすることができます。他にも、重要な項目だけ先に入力してもらい、登録後に他の項目の入力をお願いするなど、入力項目を減らすようにします。

エラーが出ないようにする

エラーが良く出る項目として挙げられるのが、必須項目が未入力であることです。多くのサイトでは、未入力の必須項目の背景に色を付けて対応しています。また、全角と半角を間違えないように分かりやすく表示することも必要です。特に住所の番地などは、パソコンの機能で変換すると自動で半角になったりしますので、大きく書いておくことが重要です。パスワードが簡単すぎてエラーになることもありますが、これはフォーム内に簡単にチェックできるボタンを作ることで完了ボタンを押した後のエラーを回避することができます。

離脱を防ぐための工夫

フォーム内にトップページへのリンクがあれば、外してしまいましょう。リンクをクリックすると気軽に離脱できますので、完了ボタンにするだけで離脱を防ぐことができます。他にもできる工夫とすれば、エラーが出た時に入力した内容をクリアせずに残しておくことです。エラーが出た後に、また最初から入力し直しになると非常に面倒です。また別の機会に登録しようと思われてしまいます。間違えた部分をちょっと直して送信するだけのほうがモチベーションを保つことができます。離脱をしにくいように工夫することも重要です。

EFOで不安な場合は専門業者に依頼

せっかく捕まえた見込み客を登録の段階で逃さないようにするのがEFOの基本です。入力フォームなどの内部システムを見直すだけで、登録者のアップを狙うことができます。入力者にとっても、入力の手間が省けることは歓迎されます。上記に挙げた以外にもたくさんの手段がありますので、調べてみましょう。自信がない場合は専門業者に依頼することも一つの手です。素人では考え付かないような知識や技術を持っていますので、確実に入力しやすいフォームを作ってくれるでしょう。かかった費用以上の効果が期待されるはずです。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。