コンバージョン率を3倍にするための必要なテクニック

コンバージョン率を上げてサイト売上げ大幅アップ

サイトの売上げは集客×コンバージョン率×リピート率で決まります。
その中でもコンバージョン率はサイトの費用対効果を把握するために最も重要な指標であり、コンバージョン率をアップさせることでサイトの費用対効果が上がり売上げの大幅アップが見込めます。
またコンバージョン率は集客やリピート率を上げるより比較的簡単に改善することができます。

コンバージョン率を上げる方法はたくさんありますが、今回は改善することでコンバージョン率が3倍上がる非常に効果的なテクニックを紹介していきたいと思います。

商品価格より費用対効果を前面に

高い価格のものはお客様にとって、簡単には手が出しづらい商品です、その様な場合は少しでもお客様にお得感を感じて貰うことが重要です。

そんな時にはハーバード大学のゴーヴィル教授が名づけたPAD効果を使うのが有効な手段です。
PDA効果とはPennies-A-Day効果に略で直訳すると「1日1円効果」になります。
例えば年会費など高額なものを1日当たり何円と言い換えることで割安に感じられるということです。

この方法は1食あたりや、1回当たりなどと幅広い商品に活用することができ、お客様に割安に感じてもらうのにとても効果的です。

緊急性をアピールして即決を促す

お客様は絶対に買わなければいけない。と思わなければ、購入を後回しにしてしまう。
お客様にとってお金を使うという行為は重大な決断であり、か即決して買っていただかなければ後から再び購入していただく事が難しくなります。

そのためには商品数を限定したり、期間限定のセール価格にしたり、期間限定のプレゼントをつけたりなどして、いま購入しなければいけない理由を提示しなければいけません。
そして緊急性をアピールする場合は合理的に緊急である理由を提示しなければいけません。多く購入して欲しいからとでっち上げたものなどはすぐにばれてしまうので注意が必要です。

即効性のある満足を与えましょう

人間はすぐに実感できる満足を求めています、逆に言えばすぐに満足できないものには魅力を感じません。
例えば、今日千円もらえるのと3日後に1万円をもらえると聞かされるのでは、今日千円をもらう事をより嬉しく魅力を感じます。

それは商品購入を決める場合でも同じことです、発送に2~3日かかる商品よりは注文した翌日に届く商品を購入したいと考えます。
効果がすぐに現れる、お得なプレゼントを付けるなど即効性がある満足をアピールすることで、お客様の購買意欲を刺激して購入率を大幅に上げることができます。

無料という言葉のパワーを上手く使う

人間は無料という言葉に非常に最もお得感を感じます。
お金を使うということはお客様にとって重大な決断であり、お金を使うことに抵抗がある人が多いです。

そこでお客様の購買意欲を高めるために無料という言葉を上手に使うことが重要です。
例えば送料無料にしたり、何個買ったら1個無料でプレゼントなど、商品自体を無料にするのでは無く、無料という言葉を上手く使ったキャンペーンなど行いましょう。

無料という言葉を上手く利用することで、いま買わなければいけないと思ってもらえますし、即効性の満足を与える効果もあるので、大変効果が見込めます。

サイトを改善して3コンバージョン率3倍アップしましょう

これまでのテクニックを上手に使用することによって、サイトのコンバージョン率は3倍に上げることが出来るでしょう。

お客様に購入さえしてもらえれば、商品自体の良さは使っているうちに分かってもらえ、満足していただくことができるでしょう。そうすれば追加購入してもらえてリピート率も自然と高くなっていきます。
そして購入者が多くなり話題になれば集客も見込めます、まずは最初に商品を購入してもらうことが重要です。

コンバージョン率は少しのテクニックや修正で上げることができるので、いますぐ自分のサイトの問題点をチェックして改善してみて下さい。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。