色彩心理学の基礎を押さえてLP構築をすることで売れるサイトを作りあげる

サイトの色彩心理学を捉えることが重要

見込み客の嗜好やブランドイメージを考慮してサイトに活かすことによって集客に繋がります。サイトが黒一緒のような画面では印象があまり良くないものになるかもしれないです。色彩心理学の基礎を含めてLP構築することによって購買意欲をあげることができます。サイトの色だけでなく、購入ボタンの色にまでこだわることがお勧めです。隅々まで色にこだわりLP構築することがお勧めです。極限まで売れるページやサイトを作るためには色は大変重要なツールです。色が人に与える心理的な影響を考えることでどの色にするかを決めることができます。 色彩心理学をしっかりと把握することが大事。 呼び出したり、アクションを起こしたりするボタンには緑やオレンジといたボタンが効果的なのかはすべて意味があります。リラックスしたり、空腹を癒したい見込み客を刺激したりといった効果が色にはあるためLP構築の際には十分に検討して色を選ぶことがお勧めです。人が購買意欲にかられる時には触感や音よりも見た目に大きく左右されます。マーケティングを行う際にはこの事実を十分に理解して行うことがお勧めです。色の使い方によってブランドのイメージも決まりますので色をしっかりと決めておくことによって認知度の高いブランドにすることも可能です

色に対する印象を考慮することが大事

色に対する印象は文化の違いや性格によっても異なってきます。セール広告や緊急性をもたらすポップなどはエネルギッシュな赤色を使用します。心拍数などを上げる効果もあるのが赤ですので様々な箇所に使用されております。力強い印象があるのが黒で、高級感も演出することが出来ます。ハイブランドや贅沢品のマーケティングで使用されます。現在は商店街や店舗だけで買うことがすべてではなく、ネットでも購入する人は大変増えております。ネットも見た目が一番になりますので文字のフォントやデザインなど色以外の部分にもこだわることが出来ます。

購買者の心理をつかむことが大切

購入するまでに簡潔に処理することが出来るかも重要な要素です。処理時間がかかったり、待ち時間が長いと購買意欲も低下してしまう可能性もあります。オンラインの見込み客に関してはサイトのデザインが貧相であったり、ユーザビリティが著しく低いサイトだと購買意欲が低下し、物を買わないという結論に達します。そうならないようにウェブサイトの読み込み時間を改善してスピーディーにするなり、リピーターが増えるようなデザインに改善することがお勧めです。また、言葉遣いにも注意して掲載することで不信感をもたれないようになります。

言葉遣いも非常に重要

セールという文字を見ただけで興味がわく人も多いはずです。そのくらい言葉選びも重要ですので、適切な正しい言葉を使用する必要があります。保証という言葉を見るだけで安心する消費者が多いため、きちんと期間を明記して保証サービスを行うことが大事です。色彩はブランドイメージだけでなく、購買者の行動も変えてしまいます。ブランドや製品のメインカラーを決めることによって印象に残るか残らないか、売れるか売れないかが決定されてしまいます。人の潜在的意識を上手に活用することによって売り上げの伸びる企業に変化します。

場所によっても色彩を変えることが有効

ファーストフードやアウトレット、クリアランスセールなどは緊急性の高い見込み客が来店するため、黒やオレンジ、ローヤルブルーなどが大変効果的です。銀行や大きなデパートに関しては予算が明確な見込み客が多いため、青緑色や群青色が効果的です。洋服店などは固定客が付いているため明確な予算がわかっているケースが多いため、水色やピンク、ばら色などが適しております。積極的な印象がある色や落ち着かせる効果がある色などを見込み客に応じて使い分けることによって心地よい空間となります。そのためには購買層の分析が必要不可欠です。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。