ランディングページ(LP)はストーリー性のあるワイヤーフレームを!

ランディングページの役割

ランディングページとはユーザーが最初に見るホームページのことです。このランディングページの印象がその後のユーザーの行動を左右すると言っても過言ではありません。いかにユーザーに最後までこのページにとどまってもらい、ゴールしてもらうか、そのためのポイントがLPO=ランディングページの最適化です。そして最適化するうえで押さえておかなければならないのが、ストーリー性を持ったフレームワークによるLP作成であると言えるでしょう。
成果を最大限にするためのランディングページ作りを考えていきましょう。

ストーリー性のカギ、ファーストビューを考える

LP作成でまず考えなければならないのが、ファーストビューです。ファーストビューでいかにユーザーを引きつけるか、という点が重要になります。ユーザーの興味を引くキャッチ画像を用意したり、キャッチフレーズやリードで、ユーザーの心をつかまなければなりません。ただ興味深いものなら良いというのではなく、対象ユーザーに沿ったものを配置する必要があります。また、前後のページと違和感のないものでなければなりません。ここでユーザーを引きつけ、次の動作につなげていくために、細心の注意を払ってファーストビューを決めていきましょう。

いかにユーザーをゴールさせるのか

ランディングページの使命は、いかにユーザーをゴールさせるのか、という点にあります。最終的にボタンを押してもらうために、おしまずにあらゆる工夫をしましょう。そのために最も求められるのが、信頼性です。ユーザーは信頼できないものを購入することはありません。ですから、ユーザーの信頼感を高めるものを置かなければならないのです。具体的には、第三者の評価、データなどの具体的な数値、そして他の購入者の口コミ等です。こうしたものがユーザーのその商品に対する信頼感を高めていき、結果的にゴールへとつながっていくのです。

クロージングの重要性

クロージングとは、迷っているユーザーの背中を押すことを指します。最終段階に来て、ボタンを押そうかどうしようか迷っているユーザーの背中を一つ、ポンと押してあげることは、大変重要なポイントです。ステップ画像をはさんだり、安心感を演出したりして、ユーザーの最終決断の手助けをしましょう。
また、この後に出てくる様々なテスト法を使って、ユーザーの心理を読み解いていくことも、ランディングページにおけるクロージングを考える上で参考になるでしょう。最後の一押しに向けて足りないものを見つけ出しましょう。

いかにして直帰率を下げるか

直帰率とはランディングページでゴールしてもらえなかった割合を指します。この直帰率が高いことは、ランディングページにとっては致命的です。ファーストビューをより工夫するなど改善方法はいくつかありますが、様々なテスト法を用いることも直帰率だけでなくランディングページ全体の改善に役立ちます。
1つはA/Bテストと言って、異なるパターンのホームページをユーザーごとにランダムに表示する方法です。どちらのページが成果を上げたのか、これで確認できます。
あと1つはLPOツールで、ユーザーがページ内のどこでどのような動きをしたのか、確認する方法です。様々な方法で、ユーザーの動きをキャッチしましょう。

成果の上がるランディングページを目指して

ランディングページは第一印象を決めてしまいます。まずファーストビューでユーザーの目を引き、信頼性を高めて次の行動を引き寄せ、最後に背中を押して最終決断に至らしめる、その全てがランディングページに集約されているのです。
効果の上がる構成を考え、設計し、そしてテストすることによって改善を図る、きちんとポイントをつかみステップを踏んでいくことによって、成果を上げることができるランディングページを作成してください。きっと、自分自身もそしてユーザーも満足のいく結果を出すことができるでしょう。

スマホサイトのEFO(フォーム最適化)で成果を上げる5つの原則とは

スマホサイトのEFOの重要性

PCサイトとスマホサイトには大きな隔たりがあります。PCに比べてスマホユーザーの環境ははるかにシビアです。しかし、スマホへの対応を急ぐあまりフォーム最適化(以下EFO)を怠っては意味がありません。逆に、スマホユーザーへのEFOをしっかり行うだけでも、コンバージョン率は上がります。では、スマホサイト向けのEFOを考える際重要なのはどんなことでしょうか。その原則を以下に5つ記します。制作したスマホサイト向けフォームがこれらの原則に沿って作られているかどうか、チェックしてみて下さい。

要素を大きく表示すること

スマートフォンでサイトを閲覧するとき、ストレスを感じることがあります。文字が小さくて読みにくい、拡大・縮小が面倒くさい、誤タップ、などが挙げられますが、これらのストレスを排除するにはどうすればいいでしょう。答えは簡単、要素を大きくすればいいのです。上に挙げたストレスの要因は、すべて要素が小さいことに起因しています。入力エリアやボタンを大きくすれば、単純に押しやすく、入力しやすくなります。そんなことかと侮らないで下さい。こういった小さな積み重ねが、サイトを見やすくし、コンバージョン率を上げるのです。もし小さいと感じたら、一回り大きくしてみて下さい。

画面をスクロールさせないこと

スマホサイトの画面を出来るだけスクロールさせない工夫が必要です。なぜなら、スクロールの操作が多いと、ユーザーはそれだけで入力項目が多いフォームに見えるため、入力を躊躇してしまいます。入力とスクロールを繰り返すのは、意外とストレスを感じるものです。その為にはまず、入力項目を減らすことです。その絶対数を減らし、いらない項目はばっさりと削除してしまいましょう。次に例記の位置です。フォーム入力に例記は大事です。しかしそれが下にあるとフォーム全体が長くなります。例記は横か、フォームの中に入れてしまいましょう。入力項目がこれ以上減らせないとなった時は思い切って複数ページに分けることも検討して下さい。

画面を拡大縮小させないこと

ピンチ操作によって画面を拡大、縮小させないようにして下さい。両手が必要なピンチ操作はスマホユーザーにとって負担が大きく、邪魔です。ピンチ操作はコーディングで無効化できるので必ず対応して下さい。また、拡大しないと読めないような小さな字が使われていないかも併せてチェックしましょう。使っているときは迷わず対処です。大きくするか、無くしてしまうかです。また、フォームの入力エリアのフォントサイズにも注意が必要です。ある一定より小さくなると、スマホの画面は自動的に拡大し、結果ピンチ操作が要るようになってしまいます。

キーボードを変えさせない

スマホサイトで入力する際、キーボードをアルファベットや数字に変換するのは意外と負担になります。変換はさせないようにして下さい。入力時に使用するキーボードは制作側で事前に設定できるようになっています。これによりキーボードを切り替えるアクションを数回減らせます。特に使用頻度が高い、メールアドレス、電話番号には最低限対応が必要です。英字キーボード、数字キーボードがそれぞれ表示されるようにして下さい。ユーザーにさせるアクションを減らすことはEFOの大きな原則の一つです。PCサイトでは意識がいかないところですので注意して下さい。

フォーム内にも電話番号を付ける

スマホは電話なので、電話コンバージョンが取りやすいことを認識しなければなりません。この対策はもれなくすべきことです。直前のLPのみならず、フォームのページにも電話番号を付けて下さい。そうすることによって、入力の途中で挫折する人、入力中に商品やサービスに疑問を持つ人を拾うことが出来るからです。電話で問い合わせたい、とユーザーが思った瞬間に、画面に番号がでていることが大事です。なおこういった電話番号の載せ方をするときは、電話コンバージョンが計測できるようにしておいて下さい。以上のように簡単にできることを実践して、更に良いスマホサイトに仕上げて下さい。無駄な動きやストレスが無いように常に意識することです。

訪問者のファーストビューを決定づけるLPことランディングページ

ランディングページ構築において重要なこと

LPはランディングページの略です。最初に見るホームページのことであり、サイト訪問者にとってファーストビューとなるため、LPの第一印象次第では訪問者のサイト上での行動にも大きく影響が出ると言えます。そのため、LPによる最大の成果を目指すことを重要課題としなければなりません。ランディングページを最適化することを略してLPOと呼びます。ランディングページの構成において重要なことは、訪問者に内容をよく呼んでもらうことが必須です。ファーストビューから問題の提起、興味、解決法提示までゴールインしてもらうことが使命となります。

LPOにより全てを表現する

サイト訪問者が興味を持って長く滞在し、結論を得られて満足感の得られるランディングページを構築することは理想であり、課題となります。できるだけ、多くの要素を盛り込み訪問者にとって見やすく、整理されていなければなりません。LPOは1ページの中でそれら全てを表現する必要があり、またそれが出来ていないと訪問者の立ち去りも早いものとなってしまいます。ストーリー性のあるフレームワークを予め構成することが近道となります。手法としては、人間心理に基づいた構成であるストーリー手法を使用することも1つの方法です。

惹きつけるファーストビューづくりのポイント

キャッチ画像と呼ばれる人の興味を引くための画像をランディングページのファーストビューに盛り込むことが1つです。使用する画像にも細やかな注意を払うことも必須です。直前ページとのギャップを感じさせる画像は違和感が残り、ストーリー性を台無しにしてしまう可能性を孕むからです。合わせてキャッチフレーズ、コピー、リードなどファーストビューに欠かせないものを紹介して行きます。その時に、合わせて注意を払うポイントは、画像の大きさ、デザイン、言葉と文章、色合いの工夫をLPの要所要所に反映させて行きます。

アクション導線をつくり込む

ゴールさせることが任務となるランディングページ制作です。信頼性の高い内容により気持ちを引き付けなければなりません。信憑性の無いサイト情報では訪問者は行動を起こしません。ボタンという最終的なアクションに導くためには、そこに行き着くまでの導線を徹底してつくり込みます。アクション導線が上手く機能しているかどうかで、訪問者がゴールするかリタイアするかはっきりと結果が出来ます。行動を促すためには、商品説明は不可欠です。第三者の口コミ、メディアでの掲載実績、信頼性のある機関データなど、コンテンツを配置することも大事な作業となります。

最終意思を決定づけるクロージング

訪問者は満足の行く情報を手に入れれば、いよいよ購入や契約へと気持ちが動くことがあります。その場合に、最終的な意思決定をしてもらうための、最後の一押しまたは背中を押すという仕掛けが必要となってきます。せっかく、購買意欲が高まっているのにクロージング演出がなされていなかったために、情報だけを得て他で購入するといったことにならないようにしたいものです。ステップ画像、安心感を引き出す演出を工夫し打ち出しましょう。多くの情報を適切に見せることが出来るランディングページならではのLPO手法があるのです。

ランディングページからの直帰率を下げる

LPからの直帰率が高いということは工夫を見直す必要があります。ファーストビュー、ページ速度など改善点は多くあります。どんなランディングページが滞在時間が長いか、短いかを判断するためにA/Bテストを導入する方法があります。ランダムに違うページが表示されることにより、集計を行うシステムです。成果を上げたページを調べることが出来るツールとして広く使用されています。LPOの際にページ訪問者の動向を知ることも大切です。ヒートマップを活用すれば、クリックやスクロールをした場所、どこまで記事を読んだかなどのページ内の動きを読み取ることが可能であり、新たなアイデアも得られることでしょう。

ランディングページ(LP)の作り方:アクション導線とは!?

ランディングページ(LP)の重要性

ランディングページはLPとも略されるもので、ほかのウェブページからのリンクや検索エンジンなどの検索結果または広告などのリンク先となる1枚目のページのことです。
通常のウェブサイトであれば、それほど重要ではありませんが、商品やサービスを販売するといった場合には、ランディングページは最初に目に触れるページであるため、その出来の善し悪しが重要になってきます。このため、ページの多くは1枚のページで必要な情報を提供し、また実際にアクションを起こしてもらえるように理論にもとづいて作られており、そのひとつがアクション導線と呼ばれるものになります。

ランディングページ(LP)の作り方

ランディングページ(LP)の基本は1枚のページで伝えたいことをすべてまとめるという点にあります。
つまり、ランディングページを見ればその商品やサービスのすべてがわかるというもので、また商品やサービスのメリットなど利用者によって有利な情報があり、最後に商品やサービスを利用するためのページへのリンクが配置されているというものです。
この仕組みはどのようなランディングページでも普遍的に採用されている形式ですが、実際に利用してもらうためにランディングページには、さまざまな工夫が行われています。

ランディングページの基本的構成とは

ランディングページの基本的な構成としては、ページのトップに商品やサービスの写真やキャッチコピーがあり、つづいて商品やサービスの共感、商品の提示、利用することによって得られるもの、実際に利用した人の声、また類似の商品やサービスとの違いなどが続き、最後にそれらを利用するためのアクションページへのリンクになります。
しかし、これらは基本的な構成でありアクションページへのリンクが複数用意されている場合もありますし、一部の内容が省略されているケースもあります。基本的には利用者によって魅力的なページであることが求められます。

ページの作り方のコツ

ランディングページの作り方のコツとしては、相手が利用したいと思わせる内容にすることです。このため画像や動画を多用することも作り方のコツのひとつです。またページの内容は利用者にとってのメリットを強調する必要があります。またメリットを強調するだけのケースもあれば、類似商品やサービスとの比較を強調する場合もあります。特にほかの商品やサービスの比較の場合には競合相手が多いケースに多く使われます。いずれにしてもランディングページでは、紹介する商品やサービスに合わせてページを作る必要があります。

ランディングページを効率よく使うには

魅力的なページを作っても、実際にはアクセスしてもらわなければ意味がありません。アクセスしてもらうためには検索サイトへの登録を行い効率よく検索結果を得るためのSEO対策を行ったり、インターネット広告を活用することが重要になります。このためページ作りはアクセスしてもらえる方法と同時に考えて行う必要があります。
例えば広告でも検索のキーワードに連動して表示される場合にはクリックしてもらえる確率が非常に高くなりますが、広告をクリックしてもそこから購買に繋がるかはランディングページの良し悪しによって決定することになります。

アクション導線とはなにか

ランディングページを語る上で欠かせないものがアクション導線です。これは実際に購買に至るまでの誘導を意識して作るというもので、利用者の目線や心理状態などを配慮してその導線を作ることになります。
ページの内容でメリットをただ羅列するだけでは効率よくアクションを起こしてもらえるわけではなく、アクションを起こすまでの誘導を意識的に行うことで、実際のアクションにつなげることができます。特にページの目的が最終的に紹介する商品やサービスを利用してもらうことであるいため、この考え方は重要になってきます。

売上アップはファーストビューを意識することが重要なポイント

ファーストビューを意識することで売上の向上に

インターネット、ウェブサイトでのビジネスにおいて最も必要なのは見やすさにある、その一点です。どれだけ良い商品やサービスをそろえていても、サイズが合ってない、見えないでは意味がまるでないのです。特に昨今はインターネットに接続する方法もパソコンだけではなく、小型のモバイルタブレットやスマートフォンといったものが多くなってきて、それぞれに合わせたサイズのホームページを用意することが大切になります。それゆえサイズを知って、的確な大きさで作ることを意識すること、それが必要となってくるのです。

ファーストビューの大切さ

ファーストビューとは簡単に説明すれば「閲覧者の画面にウェブページを表示した時に、最初に表示される領域のこと」になりますが、インターネット、ホームページを使って商品やサービスの提供、販売を行う場合、もっとも気になるのがその最初のページでどれだけの閲覧者の心を射止められるか、そういうことになるはずです。人はどんなものでも第一印象を大事にするもので、最初のインパクトを意識することによって、顧客の獲得に大きく関わってきますので、表示する内容は元より、サイズにも気を遣う必要が出てくるのです。

パソコンとスマートフォンのサイズの違いを知る

これまでインターネットの閲覧といえばパソコンが圧倒的多数、むしろそれしかできない時代もありましたが、最近ではスマートフォンや小型のモバイルタブレットなど、さまざまなデバイスが出てきています。そして重要なのがそれぞれ見ることのできるサイズが違っているということです。これによってそれぞれに合わせたサイズのホームページを作る必要が出てきて、合わないサイズ、見られないサイトというのはストレスがかかり、結果として販売どころかファーストビューの時点で顧客を逃します。それゆえ合わせたものを作ることが大事になります。

ファーストビューで必要となるもの

ではどういったことに重点を置けばいいのかというと、基本は四つになります。『ファーストビューの基本的な考え方』『各ページで表示する内容』『サイトの種類による違い』『新規・リピーターに対応した作り方』です。
簡単に言えば客が求めるのは必要な情報が一目で分かることであり、そのためにまずは的確なサイズでのサイト作りを、次に内容を厳選し、必要な情報を分かりやすく載せることが必要になります。人は使いやすいサイトを好みますので、購買欲を刺激するためにも使ってもらうこと、見てもらうことを考えることが大事です。

必要なページを考えること

では商品やサービスの販売において必要なページはなにかというと、入り口であるトップページ、商品を置いてある商品詳細ページ、そしてリピーターに向けた商品一覧ページ、その他に会員登録姓であるのならログインページやサイト紹介、注意書きなども必要となります。そしてこれらはどこに何があるのかリンクを分かりやすくすること、サイト内で迷子になった場合、商品を購入する意欲よりも面倒さが大きくなるとサイトから立ち去る可能性が高くなるので、見やすさ、そして分かりやすさというのはもっとも重視しなければいけないのです。

目の動きに合わせた配置を

そして大切なのは人の目の動きに対して必要な情報を配置することで、一般的に人は最上部から少し下くらいを無意識に見る傾向にあります。それゆえもっともセールスしたいポイントをその場所を中心にして配置する、そして最上部はあえて目線からそれるので、意識してみてもらうものを配置する、いわゆるメニューなどが効果的になってきます。また下部ページはほとんどの場合において意識しないと見られませんので、あえて見てもらうデザイン、配置にすることで、発信したい情報を受け取ってもらうことができ、販売にも繋がっていくのです。

結果に繋がるLPの作り方。ランディングページに必要な商品説明とは!?

人を動かすLPは、良いイメージを抱かれている

人間関係は第一印象が大事であるように、ランディングページも第一印象が大切になります。特に、商品の情報を提供するのであれば、モニター上から得られる記述や画像1つで商品の印象も違ってくるものです。インターネットを使って商品を探しているユーザーは、商品を手に取って調べることはできません。この為、ランディングページの印象の違いからも商品の性能や機能、作りの良し悪しまで鋭く判断します。つまり、ユーザーにとってライディングページは、試供品やお試し品に近い役割をも持っていると言えるでしょう。良い商品を取り扱っているのであれば、同じ位良いランディングページも制作して、商品の持つ魅力を適切に伝えなければいけません。

読者に好印象を与える商品説明の作り方の基本

ランディングページは第一印象が大切ですから、一見して好印象を抱いてもらえるデザインが必要です。この為には、好印象を抱かれるページ構成の基本を守ると良いでしょう。商品の内容に合った見た目の良さや、雰囲気は勿論ですが、意外に忘れがちなのが「読みやすさ」と「親しみやすさ」です。例えば、会社名を見やすく明記して、基本情報へのリンクもわかり易く配置しましょう。こうすると、ユーザーは商品の背景を読み取りやすくなり、「この会社と商品とは信頼できるかもしれない」と期待します。商品を説明する準備段階、文章で言えば導入部と言える部分ですので、この基本部分がしっかりしていれば、その後に続く説明を結果に繋げやすくなります。

読者を納得させるLPとは

商品について説明する準備が整ったら、次はユーザーを納得させるページを作りましょう。この段階では「商品を購入すると自分が求める結果が生じる」というイメージを持ってもらうのが大事になります。ユーザーがランディングページに辿り着いたのは偶然ではなく、商品の持つ機能や性能を求めての事ですから、この期待に応えるストレートな説明をしましょう。例えば、商品が衣料品であれば季節に適した着やすさをアピールできます。商品の材質と構造とを説明して、他の衣料品と何が違い、その違いにどのようなメリットがあり、実際に何の用途で使われているのか等を説明しましょう。こうすると、ユーザーは自分が使用した時をイメージしやすくなります。

ユーザーに購入してもらえるLPとは

ユーザーは数ある商品の中から一握りをピックアップして、その中から選抜した商品を購入します。ユーザーは比較の際に必ず迷うものですから、自社の商品を選んでもらえるように迷いを解消する情報を提供しましょう。ここで、商品のブランドの説明や歴史、商品の生産国、重量やサイズ、値段等の基本的な情報をできるだけ細かく記すのが大切です。ユーザーは商品背景や商品自体の情報を見て、需要に一致する点が多いほど魅力を感じるからです。素材や製法の伝統もしくは先進性もアピールして、商品のルーツにも魅力を持たせましょう。科学的な検証や第三者機関の調査内容を示せば機能や性能の裏付けとなりますので、商品の魅力に説得力をも加えられます。

LPにおける商品説明の注意点について

ランディングページで商品説明をする際に、特に注意しておくべきポイントが2つあります。1つ目は、ページ全体の内容に統一性を持たせることです。もし、あるポイントで「吸水性が高い」と説明しながら、次に「撥水性が高い」と説明すると、ユーザーは商品の性質を掴みかねます。商品の性質は正確に把握して、全記述で一致させましょう。2つ目は、過大なアピールを行わない事です。ユーザーは多くのページを比較するものですから、大げさな内容はすぐに見抜いて、信頼できないものと判断します。情報も出所のわからない根拠の薄いものや、古い内容であると逆効果です。アピールの為に情報量の多さは大切ですが、情報の質にも十分気を付けましょう。

LPにおける商品説明の仕上げ

ランディングページの商品説明を試作し終えたら、全体を俯瞰しましょう。ユーザーから見て、「このページを読み進めれば知りたい事が把握できる」と思ってもらえるでしょうか。試作したページは他の方に、できれば商品とは関係の無い方に見てもらうのが大切です。第三者から見て、「知りたい情報が網羅されたページである」「商品自体だけでなく背景までよくわかり、買ってみたいと感じる」と思って読み進めてもらえるなら、概ね上手く行っていると言えます。最後に大切なのが、内容を削ることです。内容が充実しつつ簡潔にまとまったページであれば、それだけでも他の商品やページに比べ洗練された印象を与えるので、大きなアドバンテージになります。

スマートフォン最適化(SPO)の方法とは

スマートフォンに対応させる必要性

インターネットが普及した頃、接続するために必要なのはパソコンであって、他のものは存在しなかったのです。それゆえユーザーは一部に限られていたのですが、ネットビジネスをする人間にとっては、ホームページはあくまでパソコンユーザーのことだけを考えて作れば良く楽だったのです。しかしながら昨今、ネットに接続できるものが増えてきて、特にスマートフォンの所有率が上がっていて、潜在的な購買層が増えてきています。これを逃さないようにすることが、ネットビジネスを成功させるひとつのポイントになります。

スマホユーザーを考える

近年スマートフォンの所持率が上がってきて、子どもから老人まで幅広い世帯で使用されています。各社でもそれぞれ力を入れてCMを発信していって、さらなるユーザーの獲得に力を入れています。それゆえネットビジネスを考えている人、現在行っている人にとっても、スマホユーザーは見逃すことのできない層であって、それゆえ造語ではありますがスマートフォン最適化(SPO)を考える必要が出てきて、間違いなくこれからさらに伸びていくことが考えられますので、今の内から囲い込んでおくことが必要となってくるのです。 最適化(SPO)の視点 それではスマートフォン最適化(SPO)の利点はなにかというと、それは情報収集のしやすさにあります。これまでは検索といえばパソコンがもっとも適していましたが、小型のノートパソコンでもそれなりに大きさや質量がありますし、そもそもネットにつながなければいけなく、持ち歩いて気になった時にすぐに情報収集は難しいのです。携帯電話というのも可能ですが、これは容量が小さく今一つ役に立たない、その点スマホというのは小さなパソコンと考えても良く、情報収集という目的にはとても優れた媒体になるのです。

リアルタイムに行なえること

そしてスマホの利点は手軽に持ち運びができて、何時でもどこでも情報収集をすることができるということです。しかもRSS、Twitter、mixiなどなどアプリを用いてリアルタイムで情報を簡単に収集することができ、よりスムーズに、必要な時にいつでも可能となるのです。
しかしながら問題もあって、一般のWebサイトにアクセスした時に、スマホ用に最適化されているサイトはまだまだ少なく、必要な情報が見つからないなどの不快さ感じてしまうことが多々あって、ストレスを抱えてしまうという人も多くいるはずです。

見やすさを考えること

そしてストレスを抱えたユーザーはだいたい去っていくのが常で、ここでネットビジネスをしている場合は損をしてしまいます。これは潜在的なユーザーを逃してしまうことに繋がっていて、とても勿体ないことになってしまうのです。しかも一度見辛いと思われ場合、次にアクセスしてくることはほとんどなくなってしまうので、見やすいページつくりをすることは未来に、これからに向けても大切なことになります。さらにこれからスマホユーザーが増えることが予想されていますので、今のうちに最適化しておくことが大切です。

あらゆるユーザーに対応を

ネットビジネスにおいてもっとも必要なのは顧客を増やすこと、集客数を増やすことにあるので、スマホユーザーを取り入れないのはもったいないと言えます。それゆえサイトをそれぞれに最適化することによって、リピーターを掴むこともできるのです。必要な情報が見やすく簡単に手に入る、それはサイトに対する信頼感に繋がっていくので、行うことが大事なのです。他にもスマホユーザーを取り入れる方法は多くありますので、まずは信頼できるサイトを探して参考にすること、そういったことがこの先には必要となってくるのです。

クロージングに至るまでのランディングページ(LP)の作り方!

ランディングページの作り方のポイント

ランディングページとは、1枚のページで成果を上げるページの事を言い、略してLPと言います。
つまり、ただ、ランディングページを作成すれば良いと言う事ではなく、ユーザーをクロージング(契約締結)までに導けるようなLPの作り方が重要になります。何と言っても最後までユーザーの気持ちをキャッチしておかなければ、途中で離脱される事も少なくありません。そこで、作成にあたり、ユーザーの心理を考慮に、どのような構成で内容を組み立てれば良いのか、どのような事に留意したら良いのかなど、ポイントを抑える事が重要です。

ランディングページとは

ランディングページとは、Landing pageの事をいい、略してLPと称されています。
Webサイトに置いて、一般的にHPとは、トップページがあり、見たい項目をクリックして、次ページに移動しながら、得たい情報や目的までにたどり着くシステムになっています。その中でも、ランディングページは、1枚のページに置いて、上から下まで見ていく事で、商品やサービスの説明、魅力、効果、口コミなどが、分かりやすく表示されているものです。そこで、商品、サービスなどの魅力を容易に理解する事が出来、このページだけで成果に繋がる、縦に長いページとして、最近広く利用されています。

ランディングページのファーストビューの重要性

ページの最上部であるファーストビューは、最初にユーザーの目に飛び込んでくる第一印象の部分でもあります。この部分にユーザーの興味を引く様な、あるいは釘付けにするくらいのインパクトのある内容を考慮する必要があります。パッと見て、どのような内容のページかが分かるように、画像やユーザーの興味を引く、キャッチコピーなどを目立つようにアピールすると効果的です。ユーザーのニーズにマッチしていなかったり、商品やサービスなどに興味がわかなければ、離脱してしまいます。つまり、この部分でユーザーが興味や魅力を感じれば、更に下を見てみたくなるものです。

LPのストーリー性のある構成とは

ファーストビューで、ユーザーがサービスや商品に魅力を感じたとしても、それは、もっと詳しく内容を知りたいと言う興味本位に過ぎず、この部分だけで、クロージングまでに至る事は少ないものです。
クロージングまでに導くためのストーリー性のあるLPの構成が更なるポイントとも言えます。
まず、ユーザーの注意を引く為に悩みや問題提示をしてみるのも効果的です。次に、このサービスや商品利用で、悩み解消や問題解決にどのような役割をしてくれるのか、その理由と優れた部分を明確に示す事で、ユーザーの興味を更に引く事に役立ち、欲求を満たしてくれると思えるものです。

信頼性を伝える事も大切

Webサイトからの商品などの購入にあたり、ショップ側の人の顔も見えない、商品を手に取ってみれない事から、ユーザーにとって、ネットショッピングには、不安なものがあります。ユーザーにとって、LP閲覧で、サービスや商品の優れた事は理解できたとしても、その内容が本当に信じられるのか、ただ、誇大表示なのではないか、などの疑問や不安を感じる人も少なくないものです。
そこで、実際に利用された人達の口コミや声を掲載したり、テレビや雑誌などの掲載歴などを表示したりして、信頼性を高める事も大切です。

ランディングページ作成にあたり注意点

どんなにお洒落でデザインに優れたランディングページでも、クロージングに至らなければ、何の役にも立たない事は理解出来る所です。
LP作成に置いて、確かに画像などは、イメージしやすい事で、ユーザーの興味を引く為にも効果的でもありますが、画像の使い方によっては、ページの表示速度が遅すぎて、イライラして表示される前に離脱されたりします。画像の画質を落とす事や画像の大きさを小さくする、画像の使用を最小限に抑えるなどの考慮が必要です。
また、クロージングに至るボタンを分かりやすくする為に、大きさや色、デザインなどの心配りをするなどの細かい所にも注意する必要があります。

検索ストーリーを考える方法

SEO対策としての検索ストーリーを考えることの大切さ

現代はインターネットが普及している社会ですので、自分の経営する会社やお店のホームページを作ることは大きなメリットがあります。ですがせっかく作ったホームページであっても、多くの人の目に触れるようなものでなければ広告の効果も減少します。特に大切になるのが自分の会社やお店を知らないような人も、自分のホームページに誘導できるような技術です。そうした場合に頼りになるのがSEO対策です。この場合のSEOとはサーチエンジン最適化という技術のことです。この概念とインターネットで調べものをする人の考え方を知っておくことが、ホームページに人を集めるためには必要になります。

ホームページを多くの人に見てもらう方法

自分の会社のホームページに多くの人を誘導するために一番考慮しなければいけないことは、どのようにして自分の会社を誘導するのかということです。自分の会社やお店の名前を知っている人が会社のホームページを探す方法としては会社の名前をインターネットの検索エンジンで検索する方法が考えられます。ですがより多くの顧客を獲得するために自分のホームページに誘導する場合にはそれ以外のケースを考慮することが必要不可欠になります。特に重要なのが自分の会社やお店のことを全く知らないような人を誘導する方法です。

ストーリーを考える必要性

自分の経営する会社やお店の名前を知らないような人が、会社の名前などを検索してホームページを探し当てるということはまずありません。ですからそうした人たちを誘導する場合に考慮しなければいけないのは、それらの人たちの検索ストーリーです。この場合の検索ストーリーとはその人がどのような手順で自分に必要な情報をインターネットで探し当てるのかという手順のことを言います。特定のお店を探しているという場合ではなく特定の商品やサービスを探している人のストーリーを考えることが、特に重要になります。

ストーリーの一つの具体例

こうしたストーリーの一つの実例として、インターネットで病院を探そうとする人の行動パターンがあげられます。例えばインフルエンザかどうかで悩んでいる杉並区の人が病院に行こうかどうかで悩んでいるようなケースではどのような順番で検索を行うかを考えることは大きな意味があります。まずこうしたケースではインフルエンザかどうかということを調べるためにインフルエンザや初期症状といった単語で検索をすることが考えられます。そうした方法で発見したウェブサイトなどでインフルエンザかどうかがまず確認されます。

インフルエンザになった場合のケース

自分がインフルエンザだということを確認した場合には、次にその人が調べようとするのが、自分の家の近所にある病院の場所です。ですから杉並区に住んでいる人だったら、杉並区や病院といった単語を入力して調べることになります。ですがそうした場合には杉並区にある大きな病院のホームページが一番先に表示されるので、自分の家の近くの小さな病院を探しているような人は、再度検索をし直さなければいけないケースも想定されます。そうした場合には住んでいる場所のさらに細かい地名を入力して検索をすることが想定されます。

検索する人の気持ちになる

このような一連の手順で検索が行われるということを仮定して、SEO対策をすることはとても重要になります。杉並区で内科の病院を経営している人が自分のホームページに人を誘導したい場合には、杉並区や病院といった単語だけの対策をとることでは不十分になるからです。上記の例で言うとインフルエンザという単語で検索した場合でも、検索結果に自分の病院のホームページが上にくるようにしなければいけないからです。したがってそうした単語を多く発見するためには、検索する人の気持ちをより深く考慮する必要があります。

ランディングページ(LP)の直帰率はこうして下げる!

ランディングページ(LP)の直帰率を良く理解してから改善する

自身のWebサイトのランディングページにおいて、その直帰率が高さが気になっている方は多いことでしょう。この確率が高いとユーザ数が減少するため、アクセス数から比較すると成約率は低下します。すると、誰もが「直帰割合を下げるにはどうしたら良いか?」と考えがちですが、その前にきちんとこの割合について理解しておくことが大切です。それは、 「ユーザが直帰する理由はそれぞれ違うため、それに係る理由も違ってくる」からです。場合によっては、この割合が高くても問題が無いこともあるため、まずはきちんと理解することから始めましょう。

ユーザが直帰する理由を知る

ランディングページ(LP)において、直帰率が高いのには理由があります。その理由には、ユーザが違うと反射的に判断した「ユーザが期待していたコンテンツと異なっていた」・「LPページだけで問題が解決した」・「LPページが分かりにくい」などがあり、これらがこの割合に関係しています。
反射的に直帰するのはユーザがすぐに「違う」と判断したからであり、またLPページで解決するようなコンテンツ(ブログや検索目的など)であれば、目的が達成されればユーザは直帰していくので割合が高くなります。しかし、こうした場合には問題が無いので気にする必要はありません。

直帰率を正しく理解する

この直帰割合は、ランディングページのみを閲覧してサイトを離脱した時の訪問数からの比率であり、要するに、ランディングページからほかのページに移動しないで1つ前に戻ったか、あるいはブラウザを閉じたときの行動を指しています。
Googleが無料で提供しているWebページアクセス解析サービス「Google Analytics(グーグル・アナリティクス)」では、サイト全体の割合とページごとの割合の2種類を見ることができます。またこの割合を確認するには、「直帰したセッション数÷閲覧開始数」から割り出すことができます。

直帰率の確認方法を知る

「Google Analytics」では、直帰したセッション数と閲覧開始数は、サイト全体の割合率などが表示されている「ユーザー」内のサマリー画面にはなく、カスタムレポート画面に表示されています。例えば、直帰したセッション数が2,500であり閲覧開始数が2,840であった場合では、2,500÷2,840=0.88028となり、直帰割合は約88.03%となります。
また、ページごとの直帰割合を調べたいときは、「行動」内のすべてのページから確認することができ、この場合は「ページごとの直帰数÷閲覧開始数」で割り出すことが可能です。

ランディングページの直帰率を改善ポイント

改善のポイントは、「広告とランディングページのファーストビューが一致している」ことが重要です。このポイントは、改善方法の一つでもあり、例えば英会話スクール広告がありそこでは英会話留学の料金よりも現地までの時間が大きく記載されているのに、ランディングページに移動してみると画像は同じでもキャッチコピーが料金メインとなっている場合、ユーザは違和感を感じ直帰する原因にもなります。そのため、広告の三大要素である「商品写真」「キャッチコピー」「説明文」の構成を、きちんと一致させることが重要です。

直帰率を改善させるには

その他の方法として第2に「デザイン・色彩効果を意識する」です。成約率に特化したサイトであれば見やすく、安心・信頼を得ることができます。第3に「表示速度をスピーディにする」です。ある調査ではユーザは表示速度が2秒を超え始めるとイライラがつのるとも言われているので、ページをあまり懲りすぎることにも注意しましょう。第4に「デバイスに最適化する」です。デバイスに合わせた表示がされることで、見やすさや入力しやすさがアップするので、直帰につながりにくくなります。第5に「コンバージョンを2段階にする」です。これは、直帰を回避するというよりもユーザに商品購入意欲を持たせることが目的であり、これらが改善策となります。