ランディングページのABテストと修正を繰り返すことの重要性とは!?

日々変化のあるシステムの対策を行う

LPOやSEOなど日々変化があるシステムは、分析結果から修正点を割り出し、テストを繰り返すことが重要です。分析はアクセスログや検索キーワードなどから行い、ホームページに訪れた人がどういった意図と経緯で訪れたのか知ることから始まります。例えば、作成したホームページに対して訪れた人が知りたい情報が掲載されていればそれはお互いの意図が合致していますが、そうではなく、思っているサイトではない場合、すぐに出ていってしまします。
これを知ることで、まずは最初のページにどんなサイトなのか一瞬で判断できるくらい視覚に与える影響を考えていきます。

日々修正を行うことの重要性

日々、影響分析と修正を行い、テスト(実験)を行うことが重要性を帯びてきます。一度作成したホームページが最高のものではなく、より多くの情報から分析を行いどんなページなのか、修正を加えていくことが必要です。修正を行ったらそれが正しいとは限りません。テストを行うことで正しいということが分かります。想定した結果と異なればそれは分析と修正が間違っていることにつながり、手戻りが発生します。少ない手戻りなら良いですが、大きな手戻りとなると規模や期間が多くなります。
細かなテストを繰り返し行うことで手戻りを少なくしていきます。

手戻りを少なくするためのテスト

テスト作業がとても重要性が高い作業です。例えば、何かに変更を加えたり削除した場合、直接変更した点は少なくても、影響を及ぼす範囲がとても大きいということがよくあります。ある変更をしたとたんに、結果が大きく異なってしまったということが多々発生します。
それがトップページの作りに影響を与えるのであればサイト全体に影響を及ぼしてしまいます。こうならないためにも、繰り返しテストをすることが重要で、同時に分析を行うことでより大きな効果を期待できるように工夫していきます。小さな変更でも全体を考慮して行うことが大切です。

配置を変えるだけでも大きな効果がある

ホームページを例に挙げますと、作り手から使い勝手やデザインが良いと思っていても、ユーザ側からしたら全く使いづらいということがあります。実際に使用しているユーザからの意見を取り入れ、それを日々更新していくことでより良いホームページができていきます。
最初のページのボタンの配置を変えるだけも、大きな効果が得られることがあります。また、今は効果を得られなくても後々に効果が得られるといった場合もあります。更新作業はとても大変な作業ですが、繰り返し行うことでサイトを訪れてきた人にも変化が伝わりより良いサイトになると同時に、SEOやLPOの対策ができるようになっていきます。

修正とテストと分析はセットで行う

何らかの変更を加えたら必ずどこかに影響が出ます。この影響を全て見切れるかと言うと、100%見切れるというシステムはほぼありません。どんなシステムでも小さな修正が全体に及ぼす影響が必ずしも存在してきます。
少なくとも修正を行った部分のテストは必ず行い、影響分析を行うことは必須です。トップページだけでなく、ユーザが迷子にならないための作り、訪れたサイトの次のページまで見たい、もう一度来てみたいと思える作りが理想的です。
どこまで見たのか分析を行うことで次のステップにつながるはずです。

小さな修正でも繰り返し行うことの重要性

システムに限ったことではありませんが、特に日々変化のある「仕組み」に対応していくためには、自らが日々どんな些細なことでも修正を加えて行くことが重要です。一度完成したと思っても必ず変化がある意識し、その変化に対応していくことが非常に重要です。
繰り返し行うことでアクセスも良くなっていきます。修正したらもちろん、分析まで行いますが、まずは変更してみて様子を見るといったテストを実施するのも良い方法です。分析を行いその変化を見逃さずに修正を加えて行くことがよい結果につながっていきます。

jQueryエフェクトを使ってランディングページを効果的に演出する!?

動きを効果的につけると滞在時間が長くなる

動きのあるランディングページは見る人の興味を広げるものです。JavaScriptの使い方によっては、単なるflash画像の連続的な動きであったり動画のみを貼り付けたページは、動作が遅いことなどが原因でせっかくの訪問者を興ざめさせてしまい離れていってしまう要因の1つとなり、目新しさも伝えにくいものとなります。カスタマーは知りたい情報を入手しながら、動きを持たせた展開が斬新で目を引くサイトには、滞在時間も長くなります。以下は、jQueryエフェクトをランディングページに取り入れることにより、紹介したい内容を一層効果的に表現できる例の紹介です。

ランディングページによく使用されているいくつかの例

集客のあるランディングページに取り入れられているjQueryエフェクトには、画像ループ表示、スクロール位置に応じて画像スライドで表示させる、またはページトップに戻る表示、カルーセルパネル(HTMLごとスライダーで動かす)、スクロールに追従しながらナビゲーション表示、パララックス効果(ページ全体に奥行きがあるように見せる)などがよく使われています。その他では、動画風にコンテンツを表現することもjQueryエフェクトで可能です。初期設定の方とこれらのいくつかの方法について解説していきます。

jQueryエフェクトを使用する準備

jQueryエフェクトを初期設定する場合にjQueryのバージョンは1.7.2使用の場合です。htmlに記述するJavaScriptは任意の箇所から必要なコードをダウンロードし読み込ませる作業のみで、中の記述は触りません。大抵の場合コード記述は、手作業で行わず既存で用意してある必要部分をコピーペーストすることが主流となっています。jQuery(1.7.2)、jQuery easing、jQuery inview、jQuery carouFredSel、これらの名称ごとに読み込みを行います。

画像ループ表示スライダーとフェードインアウト

画像ループ表示の見せ方の1つでスライダーを使う方法は、画像を右から左に流す表示をすることで、構成を保ちながらすっきりと見せることが出来る上、効果的な賑わいの演出が伝わります。もう1つの画像ループ表示にフェードイン/アウトがあります。複数の画像を均等な配列で同一の位置で出現や消滅を繰り返します。画像が消えることによりもう1度見たいという期待感を持たせることに効果的です。ランディングページによっては、シンプルにまとめることが圧迫感を与えず自然ですが、複数の組合せや、画像切り替えのタイミングを工夫すると一層豊かな表現となりそうです。

スクロールの位置に応じて画像がスライド表示される

どのサイトでも「トップへ戻る」の表示は当たり前になり、ジャンプすることができます。縦長に続くランディングページでは、より深く内容を読み進めてもらえるように、ユーザーが「もう1度戻ってじっくり見たい」と思った時点で、邪魔しない程度のさりげない表示として添えるのがポイントとなります。スクリプト上の記述では、スクロールが規定の深さまで動いたら表示、それより浅い時には出さないという処理が適切です。配置は好みで設定することができます。スライド要素である記述の「#sugo .head h2」を絶対位置にしておきましょう。

HTML全体が動かすことが出来る

カルーセルパネルはリンクも含め、HTML要素まるごとスライドさせることができるプラグインです。企業の事例紹介やポートフォリオなどボリュームが大きくなってしまいがちです。それらの部分は、是非見て欲しい部分であるため素通りしてほしくはありません。カルーセルパネルを使えば、それらの問題は解決し、スッキリと収納した状態となります。マガジン感覚で軽快に閲覧が行えます。ユーザーが見たい部分を探し目的箇所へ到達するためにストレスを溜めないで使用できます。このようにjQueryエフェクトを使用するとランディングページの見栄えだけでなく、使い勝手が良くなることも実感できます。

そのパターンがランディングページ制作の失敗を招く!

ランディングページ制作で失敗しがちなパターンとは

ランディングページは商品を売り込む方法としてよく使われており、ランディングページ制作会社への問い合わせ件数が多くなっています。
しかし、何百本もの制作経験を持つ、ランディングページ制作会社の話では、安易な気持ちで縦に長い、ランディングページを作るべきではないパターンがあると指摘しています。
制作会社側で何度も失敗を繰り返してきたからこそ分かるもので、失敗が目に見えている場合には、制作を断られる可能性が高まります。
ランディングページ制作の失敗を避けるためには、そのパターンと対処法を覚えておきましょう。

集客に予算をかけずに単価の高い商材ばかりを扱う

質の高いランディングページなら売れる訳ではないのが、この世界の常識です。集客できなければ、誰にもページを見てもらえません。
対処法として、ランディングページだけでなく、集客やSEOにお金をかけるようにしたいところです。クライアントに対して、シミュレーション表を見せると、理解が得られやすくなります。
商材単価が5千円を上回ると、質のよいランディングページであっても、成果が出にくく、難易度が上がります。この場合は、資料請求やトライアルなどの誰もが利用しやすい売り方を考え、ページを作るのがおすすめです。

BtoBでは慎重に検索ニーズの多さをチェック

BtoBは企業間取引のことで、一般の顧客相手とは違った性質を持っています。相手が急ぎで探していたり、相見積もりが常識の世界で、利用されるケースが目立ちます。
急ぎの相手に、縦長のランディングページは苦痛でしかありません。対策として、ページ上部にナビゲーションの配置、相見積もりの参考になるよう、実績や値段の安さ、納期の早さをアピールするページを作ります。
検索連動サービスを使用する際に、検索ニーズが少なすぎると、ページを見てもらえる確率がぐっと下がります。対処法としては、検索連動サービスだけに頼らない方法を検討したいものです。

検索タイプのサイトや商品名検索で訪問するユーザーに注意

不動産や転職サイトなどに多い、サイト内検索で情報を得るタイプのサイトは、ランディングページが逆に煩わしい印象を、利用者に与えてしまいがちです。サイトの売込みよりも、真っ先に目的のものを探せるページ作りをして、対処しましょう。
商品名検索で訪れる人は、すでにその商品を知っているケースが多くあります。目的が明確なため、商品説明ばかりの縦長のランディングページではなく、自分の意思で情報を探し回れる、一般的なサイト作りに努めた方がよいでしょう。
訪問者が必要とするサイト作りを心掛けるのが、対処のポイントです。

訪問者の目的が定まらない場合とエントリーフォームについて

目的が明確である訪問者がいる一方で、はっきりとした目的がなく、ビッグキーワードでやってくる訪問者もいます。何をしたいのか、欲しいのかが曖昧な状態の訪問者には、選択肢をいくつか用意して、そちらに誘導すると、成果が高まる傾向にあります。
エントリーフォームは制約に至る一歩手前の、大切な存在です。ランディングページの質が高くても、エントリーフォームの質が低ければ、見込み客を逃してしまうことになります。エントリーフォームの最適化の方法を取り入れて、ランディングページとセットで質を高めるようにしましょう。

目的が不明瞭で担当者のやる気が感じられない

目的なく、ただ売れるからとランディングページを作ると、痛い目にあいます。コンバージョンの数や率、売上や利益など、達成する目的を明確にしてから、ページ作りをします。ページ作りが目的ではなく、商材を売ることが一番の目的です。
担当者がよく理解しておらず、単に制作会社へ丸投げする方法だと、商材のよさをアピールできません。制作会社との打ち合わせを綿密に行う努力をしましょう。
ランディングページは、あくまでも入口の部分で、それ以上のものではありません。すぐにページが作れても、何度も試行錯誤を繰り返すことが、重要になります。

ランディングページの基本知識~ABテストとは~

ABテストってどんなテスト?

ABテストとは、AとBのどちらが良いのかという命題を大勢の人の無意識的選択によって決定しようとするテストのことです。
例えば、今ここに新製品『2分で出来る激ウマ冷凍餃子』の宣伝をしようとする食品企業があるとします。同社はインターネットでバナー広告を出すことにし、早速広告を作り始めました。出来上がった広告は2つ。一方は『2分で出来る』を強調するもの、もう一方は『激ウマ』を強調するものでした。
どちらの広告がより人々の関心を引くのか判別が付きません。そこで、同社はあえて両方の広告を用いて宣伝し、どちらがよりクリックされたのかを調べ、クリック率の高い方を本広告として採用することにしました。
これがABテストです。

あなたも知らずのうちに選んでいる?

スマートフォンやパソコンが普及した現在、私達は基本的に毎日ネット広告を見ています。
見方を変えればそれは、私達は知らずの内にABテストの被験者となっているということです。
……と言っても、大多数の方が、自分が被験者にされているだなんて実感は湧かないでしょう。
この記事を読んで、意識的にバナー広告を見るようにしたとしても、おそらく自分が被験者にされていることは実感できません。
何故でしょうか。
そこにはれっきとした理由があります。
それはABテストにおいて、被験者個人はAとBの両方を見て比較しているわけではないからです。
同テストの本質はそこにあります。

このテストの本質。私達は選んでいるわけではない。

例えば、テレビ番組でよくある街中インタビューを考えます。2人のアイドルの写真を貼り付けたフリップを見せ、街ゆく男性にどちらが好きかと問いかける。
これはABテストではありません。
被験者は2人のアイドルを比較し、思考した後に決定を下しているからです。
冒頭のABテストの説明で、『無意識的選択』という言葉を使いました。
ABテストにおいて、被験者はAだけを見て、Aを選ぶかどうか判断しています。そして、この判断の中に思考はほぼ伴いません。何故なら、ほとんどの場合ネットでちらりと見ただけのバナー広告に関心を持たないからです。
この点から、同テストは人々の無意識を調べるテストであると言えます。

疑問。AとBを比較していないのに、AとBの優劣が決まるのか。

ここで疑問です。
AとBの優劣を決めるテストなのに、被験者がAとBを比較しなくてもいいのでしょうか。
被験者である私達はAとBを比較していません。仮にAという広告をクリックしていたとしても、それはたまたまそういう気分だっただけなのかもしれません。これでAとBの優劣をつけられるのでしょうか。
ABテストは、『大勢の人』を対象とすることで、それを可能としています。
被験者の数を多くとることで個人の選好の影響は薄くなります。また広告を掲載するサイトをランダムにすることによっても同様の効果があります。
そうABテストとは、限りなく均一化された個人の人格がAとBのどちらを選ぶ可能性が高いかを見極めるテストなのです。

マーケティングの基本指標。コンバージョン率とは

実際に、異なる広告間の優劣を決めるには、コンバージョン率と言う指標を用います。
コンバージョン率とは、一般にそのサイトを訪問した人数に対する、そのサイトで目的の行為を行った人数の比率です。これをインターネット広告の例にあてはめるとコンバージョン率は、広告を見た人数に対する実際にクリックした人数の比率となります。
例えば、その広告を見た人の数が1万人、そのうち実際にその広告をクリックした人の数が100人であれば、その広告のコンバージョン率は1%です。
この指標を用いることによって、異なる広告間での比較を可能とします。当然、コンバージョン率は大きい方が良いです。

有名なABテストの事例

実際にABテストの原理を用いて効果を上げた例には、オバマ氏の大統領選挙キャンペーンが有名です。同氏は自身のメルマガ読者登録数を増やすために、同サイトで4種類のボタンと6種類の画像を用いてテストを行いました。ボタンと画像の組み合わせ方でABテストの原理を働かせ、最もメルマガ登録をする可能性が高いホームページを作り上げたのです。その結果、元のサイトと比べてコンバージョン率が約40%も上がったそうです。
このようにABテストは有効であることが実証されており、ネットを利用したマーケティングにおいて同テストの原理は基本知識となっています。
もし今、貴方の前にAとBがあるのなら、ABテストをしてみてはどうでしょう。

ヒートマップ解析を用いたサイトのコンバージョン率の上昇の検証

ヒートマップ解析を行うメリットとは

ヒートマップ解析とはサイトを訪れたユーザーがページ内のどこに注目しているのかを、サーモグラフィーのように表示することです。ヒートマップ解析を行うことによって、ユーザーがよく押しているボタン、押していないボタンを視覚的に把握することができ、ページ内のボタンの位置などを改善する上で大いに役立ちます。自分のサイトのユーザー数が増えないで悩んでいる人は、一度ヒートマップ解析を行ってユーザがどういった挙動をしているのかを把握することで、サイトのコンバージョン率を上昇させるヒントになります。

スクロール到達度のチェック

サイトの改善を行う上で最も優先度が高いのは、ページの第一印象であるファーストビューです。ファーストビューがユーザの心に刺さらないとユーザはすぐにそのページを離れてしまいます。こういったサイトに対してヒートマップ解析を行うと、ページの上部ばかりに色が付いていて下の方にはまったく色が付いていないことがわかります。つまり、ファーストビューの印象が弱いということがわかるので、キャッチコピーをいくつか変えてテストをしてみて、最もスクロール到達度が高いものを使うようにすることでコンバージョン率を上昇させることができます。

サイトの無駄クリックのチェック

ヒートマップ解析ツールを使用すれば、クリックした場所を計測して表示することができます。そのため、無駄クリックがどこでどのように発生しているのかを視覚的に把握することができます。不必要なヘッダーとフッターのリンクを削除しただけでコンバージョン率が1.6倍に跳ね上がったケースもあります。さらに、リンクでない箇所がクリックされる勘違いクリックの計測も行うことができます。例えば、デザイン上丸みを帯びているものはボタンでなくてもボタンに見えてしまうことがあります。そういった勘違いクリックはユーザのストレスを生んでしまうので、すぐに取り除くようにしましょう。 注目されているコンテンツのチェック ヒートマップ解析で注目度が高かった項目をページの上部と入れ替えた結果、コンバージョン率が2倍近くになったケースがあります。なぜこんなにもコンバージョン率が上がったのかについてですが。ユーザは興味を引かれるコンテンツがあると、それ以降のコンテンツのスクロール到達度が上がっていく傾向にあります。つまり、ページの下に興味を引く項目があってもそこに到達しなければ意味がないということです。そのため、注目度の高いコンテンツをページの上部に用意し、より詳細に作り込んでいくことで、コンバージョン率は上昇していきます。

アクションボタンのチェック

問い合わせフォーム直前のボタンなどのいわゆるアクションボタンもサイト改善の重要なポイントになります。ボタン周辺のヒートマップを見て、自分の意図した通りにボタンが押されているかをチェックしてみます。よくある間違いがボタンをあれやこれやと増やしてユーザの選択肢を増やしてしまうことです。ボタンがたくさんあるとユーザに迷いを生じさせてしまうので、最も注目してほしいボタンを1つか2つ厳選して配置し、他のボタンはページ下部に配置することによって、ユーザに親切なサイトを作り出すことができます。

新規とリピートのヒートマップを別々に見る

新規ユーザーとリピーターでそれぞれ違ったヒートマップを見ることも大切です。実際に試してみるとよくわかるのですが、新規ユーザーに比べてリピーターの方がログインボタンをクリックする率がかなり高くなる傾向にあります。これはログイン目的の既存客が新規に比べて多いためです。実際の営業でも新規のお客様とリピートのお客様では対応を変えていくと思います。Webサイトでも同じことが言えて、新規とリピーターとでは傾向が違うため、それぞれに合わせてページ内の改善を行っていくことがコンバージョン率の上昇につながります。

リスティング広告の基礎知識についてWebディレクターが知っておくべきポイント!

Webディレクターがリスティング広告について学んでおくこと

近年、スマートフォンやタブレットの普及によってインターネットユーザーが爆発的に増えたこともあり、Web広告の重要性が高まっています。しかし、Webサイトを統括するはずのWebディレクターが、Web広告に関する知識を持っていないことが増えてきているのです。
Web広告のなかでも、ユーザーが多く利用する検索エンジンの検索結果に連動して表示されるリスティング広告の基礎知識を持っていないWebディレクターは、現在のインターネットにおいて成果を上げることが難しくなってしまいます。
Webディレクターが学んでおきたいリスティング広告の基礎知識があります。

最初に広告の目標を決める

まずは、広告の目標を明確にすることです。リスティング広告は検索エンジンの検索結果に連動するため、サイトの訪問者数を増やすべきです。
一般的に、Web広告がクライアントの利益に繋がるまでにはユーザーがサイトを訪問する、問い合わせる、商談を行う、そして受注するというステップを踏みます。ターゲットの設定は、この受注から逆算して設定するのです。
売り上げ目標額と商品単価を考え、目標とする受注件数を決定します。続いて、商談の成功率と問い合わせが行われる確率を考慮し、目標とする受注件数を得るためにはどれだけのユーザーの訪問者数が必要かを明確にすることが必要なのです。

リスティング広告の種類

目標とするユーザー訪問者数を決めたら、実際にリスティング広告を出す際の種類を決めます。リスティング広告には多くの種類があるため、Webディレクターはどの種類の広告で何が出来るのかを基礎知識として覚えておかなければなりません。
最も利用されるのがキーワード広告です。検索エンジンでキーワード検索を行った際、結果画面の上部や右側に表示されるものです。検索に使用したキーワードに合わせた広告が表示されるので、ユーザーをWebサイトに誘導しやすくなります。しかし、シンプルなだけに他の広告と差別化するのが難しい部分もあります。

キーワード広告以外のリスティング広告

リスティング広告には、ディスプレイ広告も良く利用されています。ポータルサイトやニュースサイトで導入されていることが多いリスティング広告です。ユーザーの訪問履歴などからそのユーザーが興味を示す広告が自動で選ばれて表示されます。文字ではなく、画像や映像で商品やサービスをアピールすることが出来るので、ユーザーが一目見て興味を覚える商品の場合に有効な広告です。
リマーケティング広告は、サイドに訪問したことがあるユーザーに配信する広告です。既に関心を持ってくれているユーザーに対して配信するため、効果が高いのが特徴です。

広告掲載までのスケジュールをたてる

リスティング広告はインターネットでの広告であるためにすぐに掲載することが出来ると考えられがちですが、それは誤りです。実際に広告を出稿する際には、審査が行われるのです。
この審査は、掲載しようとしている広告が広告媒体の掲載ガイドラインに準拠しているかが見られます。そのため、時間が掛かることもあるのです。最短では1日で審査が完了しますが、場合によっては5日程度かかることもあります。
リスティング広告を成功させるには、審査期間を念頭に置いた掲載スケジュールを考えておくのがポイントなのです。

広告の掲載効果を確認する

広告が掲載できたら、レポートで掲載効果を確認するのもWebディレクターの役割です。レポート画面では、様々な項目がありますが、注目したいのは検索クエリです。ユーザーが検索したキーワードが表示されるため、ユーザーが求めている情報がどんなものであるかを知ることが出来るのです。
Webディレクターはリスティング広告の基礎知識を持っておくことも重要ですが、ユーザーを知ることでリスティング広告の基礎知識を実際の収益に結びつけることが出来ます。そのためにも、レポートの検索クエリでユーザーの考えを知っておくべきなのです。

LPO(Landing Page Optimization)とは?基礎知識を身に付けましょう!

LPOの基本知識を知りましょう

ランディングページとはユーザーが最初に見るサイトのページの事を言います。Landingとは「着地」を意味する英語であり、ユーザーがそのサイトで一番最初に降り立つページであることを意味しているのです。このページはこれを見たユーザーの行動にも大きく影響します。なぜなら、そのページがユーザーの第一印象であるためです。成果を伸ばすために、そのランディングページの印象を最適化することを、LPOといいます。LPOとは、「Landing page optimization)=「ランディングページ最適化」を意味します。

LPOで重要な構成とは、ストーリー性

ランディングページで必要なことは、興味付けや問題提起、解決法の提示、ファーストビューやクロージングなど多くの要素を盛り込むことです。ユーザーにある程度興味を持ってもらえる内容が必要なためです。最終目的は、できるかぎり多くのユーザーに最後まで読んで貰うことです。LPOとはそれらをたった1ページで表現する必要があるのです。そのためには、説得力を増すコンテンツには欠かせない構成が必要です。注意を引きつけ、興味を引き、欲求を満足したくさせ、行動させる事を意味する「AIDAの法則」とよばれるストーリーの手法などがあります。

ファーストビューの重要性

ファーストビューには興味を引く画像「キャッチ画像」が必要です。ファーストビューとは、サイトにアクセスしたユーザーが、スクロールしない画面の範囲で最初に見る部分のことです。直前ページとギャップがなく、ユーザーに合ったものを選ぶことが重要です。とにかく最後まで読ませることが目的であるLPでは、ボタンなどを徹底的に作りこまなければいけません。いかに迷いなく押しやすいかが重要になってきます。デザインとしては視認性を上げる事です。例えば目を引く大きさや目立つ色です。クリックできることに気づかせる必要があるのです。また、押さないと、という理由があると一層クリックされやすくなります。「限定」「送料無料」などです。

アクション導線でクリックさせる

次に、視線の流れの設計です。これはアクション導線とも言い、視線の流れを表しています。ブレットポイントを配置して、そのすぐ横にクリックしたくなるようなデザインのボタンを配置することは有効です。ブレットポイントとは、メリットの箇条書きのことです。商品の長所の箇条書きの横に「無料」のボタンを自然に配置する。これら2つを組み合わせることで、スムーズな導線の設計になっています。ユーザーの不安や迷いを減らすのが、ボタン周りの表現の工夫です。営業でいえば、契約締結といえるほど大切な導線と言われています。しっかりと設計しましょう。

商品説明の重要性とは

商品説明とは、あなたの問題をちゃんと理解した上でこれを薦めています」と示す物です。ユーザーはベネフィットと言うものを持っています。自分にとってその商品は、どうメリットがあるかを知りたがっているのです。これを、ベネフィット訴求といいます。例えば、結婚相談所について説明するときに、ユーザーは結婚にかかわる進め方、期間や費用など様々な不安があるはずです。「私たちなら解消できますよ」というメリットをしっかりと文章化して示すことが重要です。そして、他の商品と比べての独自性を具体的データで示すことも大事なのです。

クロージングの大切さ

ユーザーを最後まで導くには、契約締結を意味する「クロージング」が大切です。対面ではないネットでは営業以上に丁寧な導きが大切です。ネットではユーザーは店員に尋ねることが出来ません。ですから極力その負担を下げる事が重要です。「数分で入力完了」などといった、ユーザーの心理的な躊躇いを和らげる一文はとても大事です。ただし住所など面倒な入力は、どうしても必要になって来ます。通常はページを分け、1ページ毎の入力項目を減らします。いつ終わるのかという情報を表すステップ画像が有効です。「○ページ中の1ページ目」などといった画像を設置します。LPOとはこのようにユーザーの立場に立ったサイトを構築していくことなのです。

高速ABテストを行う前に準備すべき事前対策

事前準備の重要度とその必要性

コストをかけずに商品やサービスを成長させるという意味の、グロースハックという言葉をよく耳にするようになりました。グロースハックを実践する為にもABテストは重要な役割を果たします。それに伴い、ABテストを実施したいという声が多い昨今ですが、ただABテストを実施しただけでは、大きな成果は見込めないのが現実です。ABテストを実施する前に、いかなる事前準備をするかが成功の鍵を握っていると言っても過言ではありません。やっておくべき事前準備をいくつかまとめましたので、参考にしてみて下さい。

次につながる仮説を継続して立てる

まずは仮説の立て方です。ただ闇雲にABテストをして、結果CV率が上がっとしても、その先の改善は見込めません。仮説を立てる際、そこにいかに具体性を持たせるかが重要です。例えば、検索ユーザーに対して、そこに専門性を持たせることでCV率はあがるのか、という仮説を立てます。テストの結果、よりマニアックなコンテンツまで読まれるようになれば、次はより専門性をアピールできる製造工程を入れてみよう、と繋がる訳です。このように、テストの次のテストまでをイメージした仮説を立てること、そしてそれを継続することが大事なのです。

改善後の売り上げへの貢献まで想定する

CV率のみを追いかけていては、モチベーションを維持するのが難しくなってきます。なぜならABテストは小さいことの積み重ねだからです。継続して行う為にはどうするか、それは、売上高に対してどこまで貢献するのかを具体的に想定することです。売上に置き換えることで、改善インパクトがどれ程大きいのかを可視化して見ることが大事です。小さな改善でも、売上に大きな嬉しい変化が生じることを事前に把握することが出来ます。またそうすることで、改修に予算がかかるときも、明確な判断基準を持って実施することが出来るようになります。

結果に言い訳の余地を残さない

リスティング広告の予算が違ったから。季節要因が入ったから。ABテストの結果に対する言い訳には以上のようなものが想定できます。これらは、同一期間内に実施しなかったことによる弊害と言えます。同一期間内に実施する為には幾つかの方法が考えられます。リスティング広告のリンク先テスト等は、無料で利用できる便利な方法です。また、有料にはなりますが、ページ内の様々な要素を同時にテストし、最適な組み合わせを判別することが可能なツールもあります。やりたい内容やコストパフォーマンスを考えて選択したり、また組み合わせて使うことができます。

最低限のアクセス数の確保

ABテストを実施するには、ある一定量のアクセス数が必要になります。幾らそのテストがCV率を上げる為に有効な内容だったとしても、テストの数が少ないと、判断に時間がかかってしまいます。その結果、改善サイクルのスピードを保つことができなくなってしまいます。一定量の数の目安としては、ABテストを2パターンで走らせる場合、ABそれぞれ1000アクセスずつ、合計2000アクセス程度の準備は必要です。このくらいの分母がないと、改善スピードは遅くなってしまい、結局売上に結びつくスピードも遅くなります。

ABテストの事前準備まとめ

ABテストの結果は明確に出てきます。その為、取り組みやすく判断もしやすいです。しかしその反面、明確な仮説を立てることなく、とりあえずやってみよう、となりがちです。ABテストは一回で終わらせる性質のものではなく、継続して実施することでその真価を発揮するテストです。単発で終わらせないように、常に明確な仮説を持った上で実施して下さい。このことこそが、やるべき事前準備のうちで最も重要なポイントです。ここに頭を使わずして有効な、売上に結びつくABテストを実施することは出来ないと断言できます。

『ランディングページ(LP)』の構成で重要視することとは?

『ランディングページ(LP)』の重要性について

リスティング広告において、『ランディングページ(LP)』は顧客獲得に密接にかかわるとても重要なページです。リスティング広告とは、検索エンジンにてユーザが気になっているキーワードを入力した際に、その検索結果に連動して表示される広告を指します。この広告はキーワードを単位ことで表示することが可能なため、緊急を要するユーザへの対応も可能です。
しかし、リスティング広告に掲載すれば顧客が付いてくるわけではありません。LPに飛んだ際に、そのページがユーザの興味や目を引くものでなければなりません。せっかく訪れたユーザが閲覧しにくいページであれば、すぐに別のサイトで移動してしまいます。それを避けることが大切です。

『ランディングページ』とは何か?

そもそも『ランディングページ』とは、直訳すると「着地ページ」という意味になり、ユーザーがそのサイトで一番最初に訪れるページのことを指しています。広義の意味では、サイトにはユーザーごとに最初に訪れるであろうページは違い、いくつも存在していることになります。日本で一般的に示しているランディングページとは、狭義の意味が強く、「ネットの広告において、リンク元を設定することでユーザに対し、1ページ目で資料請求や購入を促す独立ページ」という位置付けで認識されています。
また、LPO(Landing page optimization)=ランディングページ構成の最適化という場合にも、この狭義の意味を持たせています。

ランディングページ構成で重要視する要素

LPの構成を考えるうえで重要視することとは、「キャッチコピー」・「共感部分」・「ベネフィット」・「客の声」・「他商品との差別化」・「アクション」の7つに分類して考える必要があります。
この7つの要素は、顧客がとる行動パターンに合わせて構成されており、ユーザがページを読み進めていくことで、商品に対する共感や信頼を持って商品購入へと誘導させるように作られています。この7つの要素を無視してページのトップに「商品購入」を促すバナーがあると、そのサイトを訪問したユーザは気分を害して、他のサイトへと流れてしまうといわれています。

ランディングページはキャッチコピーで決まる!

リンクを頼りにやってきたユーザが一番最初に目にする場所が、一番上部の「キャッチコピー」部分です。ここでの基本は、コピー部分は左側に設定し、正面から右側にはそれに関連する写真を置きます。人間の視点は、画面左から右への移動し、その後下部方向へと進んでいきます。その視点行動を上手く使うのです。
まずここで行うことは、検索から訪れたユーザに対し、正しい検索場所であることを知らせ認識させることと、またその後も継続して、「このページを読んでみよう・読みたい」と思わせることが重要であり、そう思わせるキャッチコピーを考えます。

ユーザから「共感」を得ることで変わること

商品やサービスを提供する側としては、自信あるものをいち早く紹介したいと思うものです。しかし、ここではまだ商品は紹介しません。それはなぜかというと、顧客が商品を購入するということは、何らかの悩みや問題が生じており、それを解決するために購入することが多いからです。
その悩みがその人にとって深刻なものであれば、他に同じ悩みを持つ人が現れるととても安心でき、共感を抱きます。そしてその共感から次第に信頼も生まれてきます。
こうした顧客の心理に寄り添うことで、「もう少しこのページを読んでみよう」という気にさせるのです。

商品の提示とベネフィット

ユーザから共感と信頼を得ることが出来たら、いよいよ商品を提示していきます。ここでは詳細な商品写真を設定し、サービスであれば提供する人物を、なるべく顔写真付きで設定します。商品説明ではあらゆる範囲からイメージができるよう伝えましょう。
このページでは、ベネフィット(顧客が商品購入から得られるメリット)が非常に重要となります。ユーザは何らかの問題や悩みを解決したく商品などを購入するわけですから、その商品から確実に何らかの効果やメリットが得られないと、興味を示してくれません。そのため、商品から得られるベネフィットをなるべく多く、できれば5つ~7つは記載しましょう。

エントリーフォーム最適化を行うEFOで問合せフォームの改善

コンバージョン率を上昇させるEFO

コンバージョン率を上昇させるためには、ランディングページを改善するのが一般的な方法です。しかし、ランディングページの改善は数多くのテストを行い、結果を分析して有効だと思われるものを採用するという作業が必要で、項目が多岐にわたるため効率は良くありません。しかし、もっと手軽に、そして確実にコンバージョンを伸ばせる方法があるのです。
それがエントリーフォームの最適化、略してEFOです。ユーザーは、問合せフォームに必要事項を入力している際にエラーが発生したといった理由で離脱していまいます。EFOを行えば、改善することが可能です。

不要なリンクや項目を削除する

EFOでまず行うべきなのは、問合せフォームの入力と関係ないリンクを削除することです。問合せページには他のページと同じようにヘッダーやフッターにリンクがある場合が多いですが、そのリンクがあることによってユーザーがリンク先にアクセスしてしまうのです。
また、入力する項目を減らすことも有効です。項目が多ければ多いほど入力が面倒になり、離脱してしまうのです。最低限必要だと思われる項目だけを用意しましょう。氏名や住所のふりがなやメールアドレスの確認欄、簡単なアンケートなどは不要な項目です。

入力ボックスを項目ごとにまとめる

入力ボックスは、項目ごとに一つの欄にまとめることも重要です。例えば、住所を入力する際に都道府県と市町村、番地、さらにはマンション名といった具合にそれぞれ個別の入力ボックスが用意されていて、入力するたびに次のボックスへカーソルを移動させなければならないフォームはユーザーの離脱確率が上がってしまいます。ユーザーの立場を考え、入力する際に最適な構成にすることが必要なのです。
これは、住所の他にも郵便番号や氏名といった入力欄にも当てはまります。郵便番号をハイフンの前後で分けたり、名字と名前で入力ボックスが別になっているということがあります。

入力エラーはその場で表示する

ユーザーはフォームへの入力中に正しくない記入方法を行ってしまうことがあります。そのエラーを表示させる仕組みが必要ですが、多くのフォームではユ-ザーに全ての項目を入力させ、確認ページに移動させることでエラーが表示されるように設定しています。この部分もエントリーフォーム最適化を行います。
入力エラーは、確認ページで表示するのではなく入力ボックスに入力した時点で表示させるべきです。メールアドレスが正しく入力されていない場合、電話番号の桁数が正しくない場合など、その場でエラーを表示することによってユーザーがすぐに修正することが可能になるのです。

住所は自動入力にする

問合せフォームにおいて、住所の入力が必須になっていることが多いです。住所は、郵便番号を入力すると市町村まで表示される自動入力を導入しましょう。この形式は近年増えてきており、自動入力に対応していないだけでユーザーが離脱してしまうこともあります。
また、質問のみの場合や資料をメールやダウンロード形式で提供する場合は、住所の項目自体を無くしてしまっても問題ありません。郵送でなければ住所は利用しないので入力させる必要も無いのです。少しでもユーザーの手間を省かせることがエントリーフォーム最適化なのです。

エントリーフォーム最適化はユーザーの立場から行う

エントリーフォーム最適化は、ユーザーの立場から行うことが大事です。ユーザーが問合せフォームに入力しやすいことを求めるために最適化を行わなければなりません。
問合せフォームの入力は、必要事項の入力、入力内容の確認、そして送信という段階を踏みます。ユーザーが現在どの段階にいるのかを表示するナビゲーションを用意するとユーザーにとっての目安となり、離脱率の低下に繋がります。
また、入力が完了した項目にはチェックマークを表示させるとユーザーが入力を確認できるようになり、入力漏れが起きにくくなります。