ランディングページの戦略

ランディングページ政策の戦略

商品・サービスが売れまくる最強のLPをあなたに

ランディングページ制作の流れ

お問い合わせ・無料相談
メールまたはお電話にてお問い合わせください。
相談だけでも大丈夫です。もちろん無料でやらせていただきます。
また、ご希望のお客様には簡単なページの構成案を提示して、こちらの意図を
説明させていただく機会を設けていただくこともあります。
こちらも無料で対応させていただきます。

お申し込み・料金のお振り込み
お見積書兼ご注文書をメールで送付いたしますので、
指定の期日までに制作料金をお振り込みください。
制作費は前払いとなっておりますので、ご了承くださいませ。
制作料金のお振込が確認でき次第、作業に着手いたします。

ヒアリングシートの記入
弊社からメールでヒアリングシート(エクセル形式)を送付しますので、
そちらをなるべく全部埋めるようにご記入ください。
ランディングページの制作を行う上で、商品やサービスの特徴及びベネフィットを、どれだけ分かりやすく、良い物かを伝えるための基礎になる部分です。
いくらデザインが良くても、ページ構成がバラバラだったり、
伝えるべき内容が無いページではユーザーには伝わりません。
なのでシートの記入には時間を掛けて、
できるだけ詳細な情報をいただけると、以後の完成度も高まってきます。

打ち合わせ
ヒアリングシートでは聞き取ることが難しい事柄などはお電話、Skype、
ご希望であれば訪問させていただき、製品・サービスについて深掘りした聞き取り
を行わせていただきます。
対象製品の実物やパンフレットなどの資料も拝見させていただくと、
よりイメージも湧くのでご協力いただけますと幸いです。

マインドマップの作成
シートの記入や打ち合わせなどでヒアリングした内容を元に、情報の整理整頓として、
御社の製品・サービスのマインドマップを作成いたします。
この意図としてはランディングページを制作する上で、私たちがお客様の製品・
サービスへの理解を深めること、競合を分析し、自社製品の強み、ユーザー
ベネフィットを洗い出すこと、また製品に接する時のユーザーの感情・購買に至る
ロジックを徹底研究することで、コンバージョンの精度を高めます。

ワイヤーフレーム作成開始及び素材のご提出
マインドマップを作成して、ランディングページの方向性が決まったら、
次のステップはページの設計図となるワイヤーフレームの作成です。
その設計図に必要となるランディングページの素材となるテキスト原稿
(ワードファイルでお願いします)や写真などの素材を頂きます。
ページの文面のライティングや写真素材をこちらで用意するなどといった場合は、
別途追加費用が発生します。
詳しくは料金表のページをご参照ください。

提出分の確認
お客様から頂いたものを WEBディレクターが確認します。
この際、ヒアリングシートの不備やテキスト原稿、
写真素材などが不足しているようであれば、
ディレクターから提出のお願いをさせていただく場合がございます。

ワイヤーフレーム完成
頂いた素材を元にディレクターがワイヤーフレーム(企画構成)を作成します。
素材を頂いてから、概ね1週間以内に提出いたします。

デザイン
ディレクターが作成したワイヤーフレームを元に、
WEBデザイナーがデザインをします。
デザインは概ね3〜4週間以内で下層まで完成します。

コーディング・納品
デザインが確定したのち、WEBエンジニアがサイトのコーディングを行います。
コーディング完了後、サーバーアップ⇨納品となります。
なお、コーディング段階でのデザイン変更はできかねますのでご了承ください。
コーディングは概ね1週間以内で完了します。
ボリュームにもよりますが、ここまでで大体1ヶ月〜1ヶ月半になります。

運用・改善
日々の運用はもちろん分析時に改善ポイントを明確にし、
更なる改善のためサポートいたします。
ABテストなどの改善施策の実施で、ランディングページ最適化
(LPO)を行ない、売れる最強のランディングページを目指します。