A/Bテストでランディングページの売上を簡単に倍増できる方法

今までの苦労がウソのよう

ウェブ上で獲得する最終的な成果を更にあげるためには、ランディングページを常に置き換えるなどサイトオーナーの度重なる管理が必須となっています。それらはA/Bテストによる地道な作業が必要であり、またそれを省くことは売上に直結するため、おざなりには出来ない部分となっています。手間を省き、売上を倍増させる方法は、簡単に行えるという結果が出ています。以下は、継続的な作業となるA/Bテストに取り掛かるため、どのような部分から着手すれば良いのかを含め、コンバージョンの明らかな結果出す簡単に管理を行っていく方法です。

キャッチコピーの重要性

コンバージョンを左右する要因の1つにキャッチコピーがあります。キーワードを検索し、サイトを訪問した際に一番最初に興味を持つ対象ととなります。A/Bテストを行っている全てのランディングページのキャッチコピーが一番の要となることは過言ではありません。売上が高いサイトでは、キャッチコピーを考えあてはめることに最も時間を費やすと言われています。サイト構築の際には見逃すことは出来ない要素なのです。この部分を抑えることにより、A/Bテストを行いながらもいずれのランディングページからも結果が出せることに繋がるのです。

多くの訪問者の滞在時間

ユーザーがせっかくサイト訪問をしたのに、興味がなかったり記事を読む気分が盛り上がらないとすぐさま他のサイトへ移動してしまいます。ランディングページを多く用意してもA/Bテストによる効果を試してもそれでは意味を成しません。気に入る部分を見つけることの出来ないサイトの滞在時間の平均は、数秒と言われています。例えば取り扱う商品などの価格を抑えても、他の気に入ったサイトに行き価格が高くてもそちらで購入するというデータも出ています。このことを見た時に、ユーザーにとって商品金額よりも分かりやすい、見やすい、有益な情報を得ることができるサイト利用がされています。

キャッチコピーを修飾するベネフィットリスト

良いキャッチコピーが出来たら、その中に更に入っていきやすいベネフィットリストを用意することも大切です。その時に注意を払うべきことはターゲット層は絞られているかということです。少し前までの売り方で大量の物を異なる年代に売るという時代は終わっています。今は、ターゲットを絞りこむと同時に1人1人のレベルまでプロファイルし購買層の把握が必要となっているのです。どのような物ならターゲットの物欲を満足させるか、有意義と感じるかということまで考慮に入れてベネフィットリストで情報提供を行う事が不可欠です。

複雑なランディングページがいくつもあると

売上を伸ばすことが簡単ではないと感じているランディングページでは、A/Bテストが無意味なもので終わってしまうような結果と成り得ます。その要因の1つには不要な広告や動画などがないかチェックしてみましょう。本気で商品を購入したいと望んでいるユーザーが訪れている場合には、短時間で有益な情報を得て咀嚼して理解できなければなりません。いつまでも本題に入るのを気を持たせるようなではあってはなりません。サイト運営者も時にはランディングページを簡単にすることで、売上が簡単に伸びる事につながるのです。

文字の長さにも最大限に気を使う

キャッチコピーが大切なことは述べましたが、熱が入るあまり長すぎる文字数や気になることが全てわかってしまう、想像力を欠いてしまうなどは当然避けましょう。価格提示をキャッチコピーに盛り込む方法も、目を引くために他社との差別化を図れるため良いでしょう。その場合には、サイトに入ってきたときに価格は安くて良いが内容がつまらないと思わせるランディングページがあってはいけません。A/Bテストを取り入れながらも説明している比較対象が明確であり、ユーザーにとって購買意欲をそそり最終的に購入決定に至った場合にお得感を感じる、トータルストーリーが組み込まれたものに仕上げることが重要です。

カテゴリー:未分類

この記事を書いた人

水野 直

水野 直株式会社ZERO

1985年、東京都中野区生まれ。
某WEBマーケティング会社にて営業と兼務でリスティング運用やSEOの実務を経験。 現在は某企業の小売業の経営コンサルタントをする傍ら、 LPO・SEOを中心としたWEBマーケティング会社取締役として従事。 普段の業務は現場教育やコンサルティングのお手伝いのほか、記事執筆やセミナーなど。